TotalTop
JunglePocketSite
SweepToshoSite
 

2008年06月13日

雑誌:サラブレ2008年7月号

080613_2134~001.jpg
ゆんちゃん様教えてくださってありがとうございました!黒ハート

名馬物語Part.123はスイープトウショウです!!

『馬場入場時にいきなりダートコースへ走り出して落とされたこともあったし』→07年ヴィクトリアマイル
『返し馬をすることができず、僕だけ歩いてスタート地点まで行ったこともあった』→05年天皇賞・秋

東京コースのトラウマは見事に覚えていらっしゃいましたか池添J。

…でも…06秋天のあと泣いてたんだ…そうなんだ…長期休み明けで京大勝った後でしたものね。1人気だったし。私あのときの調教的に「ビミョウかも…」と思って行った覚えがあるなー。

もとい。
有名な(?)スーと池添Jのニンジンエピソードで物凄く上手くまとめてくださってますが、クラシックの話題が半分くらいあって懐かしかったです。真剣懐かしかった。
ていうか、オークスで「(競馬は乗りやすいから)2400mなら!」って絶対嘘だよ!いえ、騎乗されている池添Jは思ってたかもしれませんが、あの頃のスイープの世間の評価って 早熟のマイラー だったんだから!それでも4人気だったけど。(確か)

桜→樫の間どんだけ鬱々悶々とすごしたことか!忘れられるかあの胃痛!(笑)

私秋華はほっとしすぎて泣くタイミングを逃したんですが(だから泣いたのは引退したときだけ)、ローズS。
実はローズSで初めて幕を出した(笑)んですけど、「前からいって〜トライアルなんだから前から行ったらどうなるのかを試して〜」ってずっと言ってたの私!(笑)。帰ってきてTV見てコメント聞いて「…え、ソラ使ったの?そうなの?(最後抜かれたのは)休み明け分じゃなく?」とか言ってた(笑)。乗ってる人にしかわかんない感覚なんでしょうねー。
その年のエリザベス女王杯に(最終的には出なかったはずですが)ファインモーションが出そうだったので私の中では「秋華しかないの!どうかスイープにもG1の勲章を!」ってもうなんか…勝手に思い込んで勝手に凄まじい緊張感でした、はい(笑)。
でも秋華は最後方から行って勝てると思ってなかったんですよね(笑)。シュクルくらいの位置で競馬して欲しいってこそりと思ってたんですよね(笑)。勝てば官軍結果オーライですけど勿論。あの時は4コーナー回るときに結構馬群が団子になっててよかったですよねー

まずい、語りだしたら止まらない(笑)。ああ…懐かしいよ…(´Д`*)


この記事へのコメント
何度読み返したことか…(笑)本も、ここのページも。
イケゾエくん、ドラマになりそうなエピソードですね。

きっと、最後のニンジン食べてもらったとき、
泣いたんじゃないでしょうか(笑)

ホント、素敵なコンビだったと思っています☆
toaさんのスー話、丸一日聞きたいです〜!
Posted by ゆんちゃん at 2008年06月14日 23:08
どうぞ、いつまでも語ってください(笑)

私は桜以降、「青鹿毛」の馬が怖くて怖くて・・・
秋華賞で結果が出なかったら、もう疫病神はスイープを現地で応援するのを止めようかと思ったくらいでした。

とにかく、あの時のスイープの豪脚も凄かったですが、こちらのテンションも、我が競馬人生を振り返ってみてもハンパではなかったですね(苦笑)

と、ついに思い出に浸るようになってしまいました。
先週の勝ち馬もすぐに思い出せないとは・・・
明日東西重賞はどうでしょう?とある2頭の馬に注目していますが。
Posted by すぴっか☆ at 2008年06月15日 00:33
語っていいとか言うとホントに丸1日語りますよ(笑)

スイープって話題というか競馬界の話題1人気は別の馬がもっていっているイメージがあるんですよねー。
3歳クラシック時は桜花賞馬が天才少女だったし(ちなみに〜4歳安田までそうでした)、4歳5歳は某無敗の3冠馬が現役でしたし、4歳の39年ぶり宝塚制覇も米オークス制覇のシーザリオの方が話題になってたような印象が。5歳〜6歳は、川上姫やウオッカ&ダイワスカーレット嬢が出てきてましたしねー。
ジャンポケもそうだったんですけど(幻の3冠馬タキオン&ダートの怪物クロフネという話題提供者がね。笑)、基本的に私、最多数派からは少しずれるんだなあ好みが…と思います(笑)。だから「くっそー!世間が○○とどれだけ騒ごうが私はこの馬だ!」と思ってサイトまで作るんでしょうけど…(笑)

私はただの1ファンだからですけれど、秋華以降のレースは全部、スーからのサプライズご褒美だと思っています。
宝塚を勝っちゃったから欲が出て2005年は最優秀古牝馬のタイトルは欲しかったけど、「どうしても!」「お願い!!」というような感情は、秋華で終わりました。
私、宝塚は勝つとまでは思ってなかったし(笑)。G1のタイトルは阪神JFからずっと欲しかったけど、3つもとってくれるとは思わなかったし(笑)。だからまさか宝塚とエ杯と"スイ活"までプレゼントしてもらえるとは思ってなかったです。

スーを応援できて幸せだったなと今でも思います(本心)。



>ゆんちゃんさま
にんじんを食べてくれないエピソードはたぶん私06京都大賞典前のギャロップで初めてみた気がします。
食べてくれたよレポも07エ杯後というか引退後に特集(?)してくれたギャロップで言ってましたね。「でも翌日には元通り」って(笑)
個人的には、人馬一体とか、お手馬とか、可能な限りずっとおなじ騎手さんだと応援したくなるタイプなので、スーは嬉しかったですねー。

個人的には角田Jにも、渡辺厩舎時代の彼女はどうだったのかお聞きしてみたいです(笑。とりあえずファンタジーSと紅梅Sと片鱗は垣間見ておられるはずなんですけどね…)


>すぴっか☆さま
あの「青鹿毛」の馬、ほんとこわかったですよね…私、彼女のトラウマは彼女が引退するまで残りましたよ…(笑)。
桜の後ダービー出走プランありましたよね?そして海外G1で2着してきて、秋華前は秋華も叩き台っぽかったですよね?
あの「青鹿毛」の馬(を取り巻く人たち)の余裕っぷりを横目にスーを応援していた悔しさは忘れられません(笑)。「ええええええええいそれだけ強いんだったら他でもとれるでしょ!スイープに1つくらい譲ってよ!!いいじゃない1つくらい!!!」とかわーわー言ってましたし。
私も、あの当時のテンションがスイ活の歴史の中で間違いなく一番ハンパないです。


すぴっか☆さま、そういえば現地観戦ジンクスあるとおっしゃってましたよね(笑)。スーが打ち破ってくれてよかったですよね!
私も今そんな状態ですが(私今年の春G1の勝ち馬の名前を羅列しろって言われたら間違いそうな気がしますもの…牝馬以外。笑)、引退後1年くらい抜け殻になる、というのはJPのときに体験済ですのでもうしばらくこんな感じです。
昨日の東西重賞、残念でしたが、期待の残るレースでしたね。
Posted by toa at 2008年06月16日 17:36
こんにちは。
ぴしょんさん、Makiさんにサラブレの件、教えていただきました。ありがとうございます。
どうも、自分の携帯と掲示板の相性が悪いらしく、うまく書き込めないのでこちらへ書きました。

未だ8月の予定はっきりできません。いつ頃までに…
優柔不断ですみません。

Posted by こばっきー at 2008年06月18日 12:48
@エプソムC、ですね(笑)

ええと今のところ、トウショウ様の牧場見学要項の訂正の内容がわかったところで〆めて、コースは決定(追加参加者は強制参加。笑)してしまおうか…というような感じです(私は←独断?!)。
でも、宿もレンタカーも人数や台数追加は可能そうですし、臨機応変には参加できると思いますのでおきになさらず(^-^)ノ。
8月の予定を今決めるのって厳しいですよね…
Posted by toa at 2008年06月19日 21:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。