TotalTop
JunglePocketSite
SweepToshoSite
 

2008年08月31日

スイープトウショウメモリアル:夏休みスイ検編

 
クイズ・スイープトウショウ スイープ検定【スイ活北海道合宿Ver.】


予告通り、公開します♪ 合宿では結構ヒントも出したんですが(笑)、解答条件はネット上を探さないことだけで(笑)。自分が持ってる雑誌やビデオを調べるのはOKです。
解答は紙かPC上のメモ帳に一度書いてみるのをオススメします(笑)。解答は全てHPとブログ内にありますが、解答をメールかメッセージフォームで送ってくだされば採点・解説をして返信します(笑)。

では、貴方のスイープとの思い出を懐かしんでみてください(^-^)ノ


追記/自分がかなりのスイープマニア(略してスイマニ黒ハート)であることを自覚せぬまま 鬼問題さらっと出してスミマセンでしたOTL
 
 
 
 
         【2008年スイ活北海道合宿Ver.】スイープトウショウ検定

配点:満点140点/【第1問】〜【第11問】は解答正解につき各1点、【第12問】は正解につき各2点。


【第1問】スイープトウショウについて、以下の問いに答えなさい。

 @以下の空欄を埋めなさい。 (5)
 【戦 歴】  24戦( )勝  2着( )回、3着( )回
 【獲得賞金】 (  )億4482万4000円 − 引退当時歴代牝馬( )位

 A全24レースを新馬戦から順番に、名前・スイープの着順・1着馬(2着馬)を答えなさい。また、G1レースは馬番も答えなさい。 (86)


【第2問】渡辺厩舎から鶴留厩舎に転厩したのはどのレースの後ですか。 (1)


【第3問】全24レースのうち、馬場状態が稍重で行われたレースが3歳時、4歳時、6歳時にそれぞれ1回ずつ計3回あります(他は全て良馬場でした)。そのレースはどれですか。 (3)


【第4問】スイープの上がり3F自己ベストは6歳時の32秒7ですが、その上がりで走ったレースはどれですか。 (1)


【第5問】スイープの上がり3Fが35秒台だったレースは3歳時、4歳時、6歳時に1回ずつのたった3回だけです(35秒台より遅かった事はありません)が、そのレースはどれですか。 (3)


【第6問】スイープが背負った斤量で一番重かった時は4歳時の57キロですが、そのレースはどれですか。 (1)


【第7問】スイープの最低馬体重は3歳時に2回あった446キロですが、その馬体重で走ったレースはどれですか。 (2)


【第8問】スイープの最高馬体重は6歳時に2回あった480キロですが、その馬体重で走ったレースはどれですか。 (2)


【第9問】スイープが1人気だったレースは7回ありますが、そのレースはどれですか。 (7)


【第10問】スイープが2人気だったレースは11回ありますが、そのレースはどれですか。 (11)


【第11問】スイープの人気が1番なかったのはどのレースで、何番人気でしたか。 (2)


【第12問】次の新聞や雑誌の見出し、内容、迷言(笑)は、どのレース前のものか答えなさい。 (16)
※ B、C、E、F、GはG1です。
※ 4歳時…D、5歳時…A、B、E、G、6歳時…@、C、F

@ 【サンスポ】不機嫌!?追い切り拒否 馬版エリカ様や
 「大泣き謝罪」はしませんが… G13勝、希代のジャジャ馬スイープトウショウ出走断念

A 【Gallop】女王様、お帰りなさいませ。いきなり魅せる Sweep Impact!!
池添J「ニンジンをあげようとしても食べてくれなかったり、耳を絞ってみたり。ニンジンを馬に拒否されたのは初めての経験でしたよ(笑)」

B 【報知】スイープトウショウ復権へDWで軽め12秒6
 どこへ行くのか? 追い切りはするのか? “行動が読めない女”スイープトウショウは、Dウッドチップコースへ進路をとった。スリジェ(2歳未勝利)と併走して5Fからスタート。残り1Fで切り離されたロケットのように飛び出すと、軽く仕掛けられ12秒6でまとめた。
 とにもかくにも、馬場入りをごねる癖を見せなかったのは好材料だ。「時計はちょっと遅かったかな。まあ、しかし今回DWに入らなかったら、またほかのコースを探さないといかん。とにかく追い切りができたのは良かった」と鶴留調教師は胸をなで下ろした。

C 【スポニチ】スイープ追えた!しかも好走
 追い切りを無事こなして出走できるのか、追い切り拒否でピンチに立たされるのか。スイープトウショウの姿が映し出された坂路モニターの前では、30人以上の報道関係者が固唾をのんで見守っている。だが、スイープはまたしても坂路の入り口で立ちつくしたまま動かない。鞍上・池添にステッキを入れられて一度は行きかけるが、ラチを頼ってすぐに止まってしまう。前へ進まないまま、5分、10分…と時間だけが過ぎていく。
 見かねて鶴留師がスタンドから坂路へ急行。スイープと鞍上の悪戦苦闘はすでに30分以上が経過しており、坂路の馬場閉門時刻(午前11時)まで残り15分というところだった。最後のチャンスとばかり、今度は鶴留師と鎌田厩務員の2人で勢いをつけて引っ張りながらスタート地点まで行くと、スイープが突然走り始めた。「よし、行け!!」。見守る報道陣から思わず声援が飛んだほどだった。

D 【サンスポ】スイープトウショウが追い切り
池添J「以前のように調教で難しい面は見せず、「普段ブリンカーを着ける(レースでは外す)ようになってから、普通の馬のように調教できています。ゲート試験もまるで問題なかったし、いい仕上がりで臨めそう。」
 ※ 束の間の夢でしたね

E 【日スポ】おてんば戻ったスイープ
 …待てど暮らせど坂路に現れないスイープトウショウが、突如Eコースに現れ疾走する姿に気付いた報道陣は、大慌てで双眼鏡を構え直した。抜群のスピードに乗ったまま、すでに4コーナー手前。豪快なフットワークで直線を駆け、最後は山田助手が手綱を緩めてゴール板を通過した。
池添さえ坂路モニターに目を凝らしていたため見逃した突然のコース変更。「気付いたら馬のお尻が見えていました。違う馬が放馬したのかと思ったぐらい。でもスイープらしくて、かわいいですよ」と苦笑した。カメラマンもテレビクルーも、おてんばに振り回された。

F 【ニッカン】だだっ子スイープ52秒9
だだっ子がまたごねた。スイープトウショウは地下馬道からCウッドコースへの出口で止まり、1歩も前に出ようとしなかった。山田助手が促しても、反対に後ずさり。結局地下道に逆戻りしてしまった。つらい調教が始まる雰囲気を、利口な馬が察知したのだ。
 人間と馬の化かし合いは続いた。10分後、角馬場に登場。乗り手は普段使わないBコースへ誘導した。スイープが油断? して入ったところでゴーサイン。最初はしぶとく抵抗していたが、嫌々ながら3コーナーからキャンターに移った。人間の勝ち。

G 【日スポ】スイープ坂路で軽快52秒1
午前9時35分。ただ1頭坂路に姿を見せたスイープトウショウは、いつものようにスタート地点で立ち止まった。大丈夫か。池添謙一騎手(27)は、スイープの動きを固唾(かたず)をのんで見守る。1分、2分と時間が経過。昨年の今ごろは30分近く動かなかったこともあったが、この日は3分で納得した。
 気難しい女王様。なかなか乗り手の思うようには動かないが、“静止時間”3分ならかわいいもの。坂路に入るまでは硬い表情を見せていた池添も「ほんま、かわいいな、あいつ」と笑った。

……作成者の得点は138点です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。