TotalTop
JunglePocketSite
SweepToshoSite
 

2008年10月06日

日々徒然:スプリンターズSと凱旋門賞

普通(?)の競馬観戦日記ってどっちのブログにupしようか毎回悩む今日この頃(笑)、時代は牝馬なんでしょうか(笑)。ザルカウ゛ァちょー格好いいーーー!(≧∀≦)ノ フォルストレート(でしたか、最後直線1キロ)ほとんど最後方やったのに!こういうキレる脚の仔大好き!!(*´д`*)
といいつつ今回はサムソンばっかかなり真剣に見てたんですが(笑/3、4回巻き戻してようやくザルカウ゛ァを注視できた始末)。二年前よりよほど真剣に見たあたり自分の(世間の王道への)ひねくれぶりを体感じました(いや、二年前も真面目には見てたんだけど!)
フランスの競馬なのか凱旋門故なのか、内ラチにぴたーっとくっついてるのがびっくりでした。日本と違ってみんなシビアに厳しいですね…フジの特集が上手くて(笑)サムソン好きになってしまいました(・ω・)ノ 年内で最後なのね…最後まで元気で走って欲しいです!

さて、日本も牝馬だったスプリンターズS、まず最初に『あ、クロフネっ仔』と思うのもいい加減やめるべきかもしれません(笑)。スリープレスナイト5連勝なんですね〜
上村騎手って『上村の夢を乗せてアドマイヤ、しかし外からスイープトウショウー!』(C)05エ杯の上村騎手ですよね。橋口先生との抱擁感動したわ〜!先生の誕生日にG1勝利プレゼントでご自身も初勝利、素敵です!!
そして今更ですがカレッジの脚が私好みだと気付いた今日この頃(笑)。次はスワンかな(笑)。スワン秋天の連休は旅行行ってていないんだけど楽しみだな♪
posted by toa | Comment(9) | 日々徒然;'08 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ!スリープレスナイトって牝馬だったの?(゜o゜)
ぉぃっ

私は脳内オグリ祭り継続開催中ですv
G1の朝、夢にオグりんが出てきましたvv
馬券のことはさっぱり頭から消えてました。
Posted by Maki at 2008年10月06日 20:53
 こちらのブログにUPされて良いんじゃないですか(笑)
凱旋門賞見応えありましたか?テレビはついていましたが、疲れていたのか??レース中はすっかり眠っていました・・・。
ヨーロッパはかなりコース取りがシビアで、なかなか前が開かないみたいですね。

 コース取りといえば、昨日大外から追い込んできた、かの馬!坂もお構いなしの豪脚は迫力ありました。鞍上「殿」、あなたの騎乗は間違ってません。ネット上で言わせていただきます(笑)自分のスタイルを貫いた彼を見直しました。
秋の淀でお待ちしております。

 ちなみに、私の年代では、上村騎手といえばサイレンススズカを思い出します。昨日の涙はジーンときますね。
Posted by すぴっか☆ at 2008年10月06日 21:51
>Makiさま
そんなこと言われたら自信なくなっちゃったじゃないですか!(笑)
調べましたが女の子でした(^-^)

オグリキャップが来るのはまだ先なんですよね?
無事に元気で関東まで来てくれるといいですね〜!


>すぴっか☆さま
あ、「殿」になってる…(笑)
そうですよね、スーの仔が走るようになるまでまだ何年もあるし…じゃあこっちに…(笑)

凱旋門賞は、ザルカヴァが凄かったです!まるで京都大賞典のスイープみたいな(笑)瞬発力でした。最初前が詰まってて、ようやく空いた、と思ったらほんとにあっというまに全馬を抜き去ってしまいました。凄すぎです。
ちなみに、日本だったら審議じゃあ…というくらいにシビアでした(笑)。サムソンもぶつけられて前も空かなくて…。サムソンは一瞬の切れ味タイプじゃないから、あの位置に囲まれてしまったら厳しいわーと。私の今年の凱旋門の感想はサムソン惨敗…ではなく「フランスの競馬はシビアだ」の一言に尽きます(笑)。

詰まるかもしれないリスクを覚悟で内をつくのと、距離ロスを覚悟で外をまわるのと、騎手にとっては厳しい2択だろうなあと。かの馬の鞍上殿は今回はとても潔かったと!!秋の京都、楽しみですね!

(そして私、サイレンススズカはDVDで見ました…)
Posted by toa at 2008年10月07日 14:10
オグリキャップが東京競馬場に来るそうですが、本当に大丈夫でしょうか?
以前、笠松に遠征した際、その後体調を崩してました。
年齢も23歳、人間でいうとおじいちゃんです。
遠征はかなりの体力を消耗しますし、神経も使います。
そんなオグリに無理をさせて何かあったら・・・と思うと気が気ではありません。

スイープも人がたくさん牧場に見に来たため、神経質になり体調を崩したので見学を中止しました。
見学中止は私たちにとって残念でしたが、これが馬を大切にする人の考えだと理解し、スイープに早く元気になって欲しいと願いました。
あんなに私たちを感動させたオグリですから、余生を静かに過ごして、できるだけ長生きして欲しいのです。

JRAさん、この企画考え直していただけないでしょうか?
本当にオグリファンは東京来場を願っているのでしょうか?
Posted by オグリファン at 2008年10月08日 20:14
凱旋門賞は本当にシビアでしたねぇ。
ポピーのオークスが子供だましに見えました、なんて(^ ^;)
ジャンポケ・ブログじゃなくて、こちらで書くのもなんですが・・・
ポピーはザルカヴァにも負けない根性娘っす!(^ ^)v
それにしてもサムソン、あんなに不利受けて可愛そうでしたね。
そんな中、最後までしっかり走りぬけた姿には感動しました。頑張りましたね!
そういえばサムソンは母父がスイープ嬢と一緒ですよね♪
息子と凱旋門賞見ながら、スイープが普通の性格の馬だったら(笑)、
海外でも絶対に勝てたよ!と盛り上がりました〜。

toaさま、私も末脚切れるコはやっぱり好きです!
ザルカヴァもいいですけど、カレッジ〜!ようやく本格化してきた感じで・・・
是非とも重賞取らせてあげたいです!あ、シロッコも♪
で、菊はオーケンブルースリで!

オグリは癌を患っていると聞きましたが・・・
会いたいけれど、寿命を縮めてまでファンサービスすること
ないんじゃないかな、と思ってしまいます。
なんか可愛そう。
Posted by chi-chan at 2008年10月08日 20:47
>オグリファンさま
ダメ元でJRAにメールとか電話とか?手紙とか?メッセージを送ってみてはいかがでしょうか!届くかもしれません。いえ、送らないと伝わらないですよ!

一応、なんというか、普通の神経ならオグリキャップの体調が悪ければこんな企画は起こさないとは思いますので、とりあえず今はオグリは元気なのではないかと思います。JRAとしてもこの企画は「オグリが好きだった!会いたい!」というファンの為を思ってのものと思うので、悪気はない(オグリの事を考えずに企画したとかそういうわけではない)と信じたいところです。

ただ、スイープの場合はストレスを溜めた(笑)ようですが、一緒にいたシリウスは元気だったそうなので、大勢の人間に会うことがストレスという点に関しては、全馬共通のものではないと思います。ひとなつっこい馬もいると思います。
また、スイープの場合は兆候が出たのでトウショウ様が的確に対処されたわけですし、もしかしたらオグリはファンの方に会ってエネルギーを貰って逆に元気になる可能性だってないわけではないですから、そこは私にはわからないというかオグリにしかわからずまたやってみないとわからないと思います。

でも、ほんとうに年齢も年齢ですし、ファンの多数意見は「余生を静かにすごして、長生きして欲しい」というものであるとJRAが思えば、とりやめてくれるかもしれませんよ!

私はリアルタイムのオグリキャップを全く知らないのですが(名前は聞いたことあったのですが)、そうですか、23歳なんですね…。私がJRAの意志決定者だったらよかったんですけど…(A^_^;
Posted by toa at 2008年10月08日 21:41
>chi-chanさま
ほんとにシビアでしたよね(笑)。あちらでは日本の審議が1/10くらいに減るんじゃないでしょうか(笑)。
フランスはそもそも日本のように最後直線で横に広がらないんですかね??なんというか、前が空いたら出たもの勝ち、ぶつかって当然、前が壁で出れないって出させないようにしてるんだからあたりまえ、みたいな…や、シビアでした(笑)
スイープとサムソンは母父が同じですねー。脚のタイプは違いますが。スイープの性格が普通だったら……もはや別の馬ですが(笑)……輸送に強ければ、確かに勝てた気が(笑)。
カレッジは私も好きな系の脚なんです!日曜日に思いました(笑)。本当に重賞ホースになれたら嬉しい!(^-^)ノ
(勿論トウショウっ仔もジャンポケっ仔もです!♪)
秋G1シーズンが始まると競馬が濃くなりますね!(笑)

オグリは癌なのですか?え、なのに何で東京競馬場へ?(素) J○Aは普通の神経ではなかったという事実?(いやそれ伏せてない)
寿命を縮めてまでファンサービス、をどう思うかは、人間がQOLに何を求めるかで最期の生き方も各々変わってくるように、微妙な問題だと思います。ただ、日本人は自分で生き方(と死に方)を選ぶチャンスがまだある方ですが、競争馬は自分の思いを伝えられないですからね…。出来るなら、死ぬ瞬間まで幸せだと思う瞬間を少しでも多く積み重ねて欲しいですね。
Posted by toa at 2008年10月08日 22:28
お久しぶりです。
トールポピーもうすぐ本番ですね。
それはそうと、ザルカヴァスゴかったですね!
まさにフランスのスイープ女王…
ただ、フランスでは馬券以外で馬のファンになる概念がないそうで、深い衝撃氏の騒ぎはクレイジーだったらしいです。
惜しいなぁ…
日本にいたら追いかけるのに(笑)

オグリキャップ殿の件は心配です。
でも殿の来る日は自分も府中にいるはずです。
殿、なんとかご無事で。
Posted by こばっきー at 2008年10月09日 13:00
こちらではお久しぶりです!
ポピーの本番、夜は仕事ですがレースはいけそうです〜(^-^)

フランスでは馬のファンってないんですか!じゃあ騎手のファンもないのかな…(笑)
ザルカヴァは凄かったですね!基本、牝馬好きな身にはすごい仔の凱旋門を見れて嬉しかったです♪

オグリの体調はほんとうに心配ですね。
来るからには、なんとか元気に、そして彼自身もほんとうに久しぶりの競馬場を楽しんで帰って欲しいのですが…
Posted by toa at 2008年10月10日 21:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。