TotalTop
JunglePocketSite
SweepToshoSite
 

2004年11月15日

記事;エリザベス女王杯関連4

 
【エリザベス女王杯】(京都)〜レース後のコメント(C)ラジオNIKKEI競馬実況HP
URL;http://keiba.radionikkei.jp/news/20041114K40.html

5着 7番スイープトウショウ(池添謙一騎手)
「ゲート再審査のストレスがあったのかもしれません。道中でも手前をかなり変えていて、自分の競馬をしていません。スタンド前の声にもイライラしていました。直線伸びているのですが、残念です。」

【エリザベス女王杯】秋華賞とは別馬、スイープ5着(C)サンケイスポーツ
URL;http://www.sanspo.com/keiba/top/ke200411/ke2004111502.html

 秋華賞馬の歯車は、どこか狂っていた。10日のゲート再審査をパスして出走にこぎつけたスイープトウショウ。4戦4勝の京都が舞台で、ファンも1番人気に支持したが、後方からよく差を詰めながらも無念の5着。古馬の壁ではなく、自分との戦いに敗れた。
「秋華賞のときのスイープではなかったですね。きょうはコロコロと手前を替えているし、全然走りが違いました。それでも差をつめているのですが…」
引き上げてきた池添謙一騎手もうなだれる。メンバー中最速の上がり3ハロン33秒2の末脚を使っており、「縦長で後ろが詰まるスローペース」と展開面に泣かされた部分はあるが、問題はそれ以前にあった。本馬場入場やゲート入りを嫌がり、スタートで立ち遅れるのはいつも通りながら、今回は待機場からゲートまでの移動を拒み、シンコールビーに騎乗した四位騎手から、1頭だけにならないよう帯同される始末。「調教でもかなり嫌がっていたし、疲れがあったのかも」。激戦の反動が、元来のワガママぶりに拍車をかけてしまった格好だ。
★ゲート再審査&出走停止30日
レース後には、またもやゲート再審査の制裁が下された。通算3度目の今回は、出走停止期間が30日間と長く、しかも停止期間終了後のゲート試験は、開催競馬場で行われることになる。通例では最終レース終了後にファンが少なくなったあと行われるが、注目度の高い馬だけに、大勢のファンに囲まれた中での試験となる可能性もある。秋華賞で栄光を極めてから一転、スイープの今後には大きな試練が待ち受けている。

スイープ5着 響いたゲート再審査 (C)デイリースポーツ
URL;http://www.daily.co.jp/horse/2004/11/15/150514.shtml

 秋華賞からG1連覇を狙った1番人気スイープトウショウは、末脚不発で5着。ゲート入りだけでなく、その前に馬場入場の際など何度もゴネてしまった。「中間ゲート試験もあったし、ストレスがたまっていたんだろう。何度も手前を変えていたし、秋華賞の時とは走りが違った」と池添はあきらめの表情。3度目のゲート再審査処分。30日間の出走停止後に今度は開催競馬場でのゲート試験を受けることになった。

…ちなみに次やらかしたら出走停止60日だそうで す orz 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。