TotalTop
JunglePocketSite
SweepToshoSite
 

2007年08月17日

馬インフルエンザで今週末競馬が中止に(再開時期未定?)

…一夜明けて更に凄いことになっていました…OTZ
 
・ メイショウサムソンが感染していて凱旋門賞遠征がどうなるかわからないらしい
・ 放牧中の馬がトレセンに帰ってこれなくて秋ローテの組みなおしになるらしい(スイープさんは厩舎にいるけれど他の子は…)
・ それ以前にいつ競馬が再開されるのかわからなさそうな雰囲気(一応JRAとしては『極力(今後も)開催したいという意向。日曜日の特別登録についても受け付ける方向で考えている』だそうですが…)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄□ ̄;||||


何がなんだかよくわからなかったので調べてみた結果は以下です

次項有 馬インフルエンザとは
 馬インフルエンザは、ウイルスの感染によって起きる急性の呼吸器感染症で届け出伝染病に指定されている。発熱と強いセキ、鼻水(ウイルスは水溶性)を出すことが特徴で、潜伏期間は短く、伝染性が非常に強い。症状としては動きが鈍くなり、体温は高い時は41度前後まで上昇する(馬の平熱は平均で37度前後)。

 安静にしていれば軽くて1週間、重症でも約3週間程度で回復する。競走馬はワクチン接種による予防対策を行っており、まず育成期に2度接種、その後は半年に1回、2度接種することになっている。
 
 最初に確認されたのは1956年のチェコスロバキア(当時)で、その後、世界各地に流行が拡大した。近年、大きな問題になっている猛毒の鳥インフルエンザとはウイルスの種類は異なり、他の動物や人間には感染しない。

 日本では1971年暮れから翌年明けに馬インフルエンザが大流行した。71年11月にニュージーランドから輸入された5頭の感染馬から発生し、確認されただけで39日間に6782頭が発病。中山、東京(当時は美浦TCがなく各競馬場で調整)、福島競馬場、馬事公苑(東京)、白井分場(千葉)等で流行、在厩馬の94〜99%が発病した。これにより1971年12月有馬記念は行われたが、その後年末の開催から翌年の2月3週目までの約2カ月間、関東エリア(地方競馬を含む)の開催が中止された。なお、1971年有馬記念はアカネテンリュウ、メジロアサマ、カミタカの3頭がインフルエンザにより出走取消、6頭立てのグランプリとなり、牝馬トウメイが快勝した。

 海外では近年、92年に香港、03年に南アフリカで発生し、開催が中止された。

参照サイト
ペン 【スポニチ】馬インフルエンザは急性呼吸器感染症
ペン 【スポニチ】71年は39日間に6782頭が発病
ペン 【サンスポ】JRAトレセン騒然!馬インフルエンザ発生…秋競馬に影響大

重症でも回復できるというのがせめてもの慰めなのでしょうか…


この記事へのコメント
ショックです。

まだ始まって二週目なのに〜。札幌記念はスイープ嬢にホの字のタテヤマ君を見に行くつもりだったのに〜。来週の土・日も9月の連休も、これからたくさん行くつもりだったのに〜。

36年前の例や15年前の香港での例を見ても、そう簡単に開催にはこぎつけられないことでしょう。一度もライブで見ることなく、夏競馬が終わってしまいました(泣)。

今はただひたすら、スイープ嬢が元気でいることを願うのみです。放牧には出ていないようですが、栗東に居る方が感染率は高そうで、心配で心配でなりません。そして全ての馬たちが無事に、このピンチを乗り越えてくれますように。

連日ニュースになるような酷暑ですが、こちらはすでに朝晩は肌寒く空も秋模様、あの四日間の猛暑はなんだったのかと懐かしく思い出される次第です。競馬も気温も、あまりにも儚い夏でした。

Posted by だるま at 2007年08月18日 14:25
大変な事になってしまいましたね。
回復するとの事ですが、お馬さんたちは本当に大丈夫なのでしょうか・・・心配です。
今日、牧場へ見学にお邪魔させてもらおうと思ってましたが、
こんな事態なので遠慮しました。

競馬のない週末、何して過ごそう・・・
再開いつになるんだろう・・・
Posted by 北陸の女 at 2007年08月18日 14:43
大変な事態になりました


 お久しぶりです。猛暑でダラダラしている間に、馬たちも大変な事態になってしまいましたね。
 夏バテのトウショウナイトさんだけでなく、やはり馬は暑さに弱いのでしょうね。
体力低下が免疫力を奪ってしまった結果、馬インフルエンザの感染被害が広がったという事でしょう。
今後は、トレセンの猛暑対策が絶対に必要となるでしょう。
馬たちが元気に走れてこその競馬です。レースを見れないのは私にとって非常にキビシイ(今も茫然自失状態)ですが、馬たちの健康回復が第一なのでガマンします。

どうか皆様も健康状態に注意してください。
 そして競馬再開の際は、1レースから競馬に参加したいと思います。
Posted by こばっきー at 2007年08月18日 15:29
なんだかスイープが出ない夏はどうも情報収集サボってしまいます。。。スー活の皆さんはお元気ですか?はやく皆さんと盛り上がりたいナ。

ウォッカの凱旋門賞のこと、ムーン移籍のことで結構ナーバス気味だったわたし。加えて馬インフルエンザ?
鳥だけにあらず!!か、と。。。

そして真っ先に「スイープは感染してないか?」とか思っちゃうあたり我ながらスゴイ。他の馬達、特にデビューっ子たちもたくさんいるのでみんな早く治ってほしいですね。

しかし、この暑い中スイープ嬢はどうしているのでしょう。トウショウ牧場のブログには「いつもどおり」と書かれていますよね。素直に納得できないんですが深読みしすぎかな?
Posted by sumi at 2007年08月18日 20:23
>だるまさま
私36年前の例&15年前の香港を知らないのですが、やはり夏競馬が終わるくらいまでは開催再開はなさそうなのでしょうか……神戸新聞杯から秋競馬参戦予定だったんですけど、なんとなくムリかな、と思ったりもしています。全馬なんとか乗り切って元気になってほしいです…(開催はそれからでいいですよJ○A)
スイープ嬢も元気だとよいのですが…熱を出していても感染していない場合や感染していても元気な場合もあるようで……

そして朝晩肌寒くって羨ましいです…!関西はまだまだまだまだまだまだまだまだまだまだ死ぬほど暑いです夏まっさかりですサウナ状態です…OTZ


>北陸の女さま
牧場のふるさと案内所HPやトウショウ牧場ニュースでも牧場見学自粛を呼びかけておられましたが…本当に大変なことになってしまいましたね…いつから再開かがわからないと調整も難しいでしょうし…

ほんとうに、いつ再開できるんでしょうね…G1開幕のスプリンターズSまでには収まっているといいですが…


>こばっきーさま
この猛暑に参っているのは人間だけではなかったということですね(近所では暑さにカラスが口をあけてあるいてますし…)
暑さで免疫力が低下していたのは大きな理由なんじゃないかとわたしも思います。トレセンを見学させていただいたときは、夏だと扇風機を回したりしておられましたが…今年は扇風機でも追いつかないかもしれませんね(ナイト君みたいに前に氷を置いてあげるとよいのかも…)(でも内地ホントに暑いから氷もすぐ溶けるかも…orz)
一日もはやい健康回復を祈っています。

本当に、こばっきーさまも皆様も健康状態には十分注意してくださいませ。


>sumiさま
私も夏はかなり情報収集をサボリます…というか、スイープ(や好きな馬)が出ないとどうにもモチベーションが…。
ウオッカに続いてサムソンも馬インフルエンザで凱旋門とりやめたようですし…なんだか残念なニュースばかりが続いてますよね…
ムーン移籍しましたよね。あまり詳しくないのですが、勝負服が変わると受ける印象ががらりと変わるのはかつて経験しました…(寂) 秋天後どうなるんだろう…?

スイープ嬢は昔から(他馬の迷惑にならないようにOTZ)調教時間を(閉門間際に)ずらしたりしておられましたので他馬との接触は普通の馬より少ないかもですがどうでしょう…感染馬は基本的に公表されてませんし…(ウオッカとサムソンだけしか…)
今無事でも今後の保障もないわけですし…心配です(;_;) みんなはやく元気になれればいいのですが…
Posted by toa at 2007年08月20日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。