TotalTop
JunglePocketSite
SweepToshoSite
 

2007年11月08日

記事:エリザベス女王杯関連2

071108_1302~001.jpg
調教出来た!と喜んで新聞買いに走れるのもコレで(きっと)最後…(/_;)



ペン 【トウショウ牧場NEWS】11月7日(水)付、スイープトウショウの近況

ファンには至福です写真必見ぴかぴか(新しい)!そしてスイープトウショウ、エリザベス女王杯出走です!



ペン 【ラジオNIKKEI】栗東レポート〜スイープトウショウ
池添騎手「追い切りが出来ない状態が続いて、使うレースも限られてしまう現状。今回がラストランくらいの気持ちで、良い結果を出せるように自分も一生懸命頑張りたいと思いますから、応援してください」
チューリップ賞以来約3年9ヶ月、次でちょうど20戦目。スイープの女王様炸裂の諸行に最後まで付き合ってくださって本当にどうもありがとうございました。阪神・東京・京都・中山と4つの競馬場に追いかけていくことができてとても楽しかったです。4年という長い間彼女のレースが見れてとても幸せでした。
(きっと)ラストラン、無事に走り終えてください!応援してます!



そして流石は女王様やっぱりやらかしてくれました、立ち止まること50分。



ペン 【日スポ】スイープ50分かけて51秒5/エ女王杯
スイープトウショウが無事? 追い切られた。
 7日も根比べだった。坂の入り口でダダをこね、池添騎手が促すがなかなか上らない。駆け出しそうになったかと思いきや、バック…。記者だけでなく関係者もモニターを眺め「あー。ダメだ…」と、一喜一憂するほど。しばらくして見かねた鶴留師までがスイープの元へ向かった。
 約50分後、2歩、3歩と進みだした。そのすきに池添が2、3発出ムチを食らわした。すると、嫌がりながらも前へ。走りだすと、推進力のある豪快な走りを見せた。しまいは要したものの4F51秒5−13秒6。追い切れたことに価値がある。池添は「どうなるかと思ったが、あそこまで頑張ってくれた。前回も1回使って良くなるだろうという雰囲気だったし、動きは良かった。本来の走りをしてくれれば、一番強いと思っている」と、パートナーの末脚をどこまでも信頼していた。
「無事?」の「?」一字で全てを包括して表現していると思います。流石は日スポ。


ペン 【デイリー】“女王様”健在!スイープ追い切れた 画像有ぴかぴか(新しい)
“女王様ぶり”は健在だった。栗東坂路スタート地点。この日もスイープトウショウは、少し進んだかと思うと後ずさり。鞍上の池添や鎌田厩務員に促され、イヤイヤながらも走り出したのは約50分後だった。
 前半から池添のムチが入る。気合をつけられると、1F目から12秒9-12秒4-12秒6と速いラップを刻んだ。ラストは13秒6と要したものの、4F全体の時計は51秒5。閉門直前の荒れた馬場状態を考慮すれば、十分過ぎるほどに速い時計をマークしてみせた。
 「とにかく、追い切りをやれて良かった」と鶴留師の表情は自然とほころぶ。「しまいはこの前(スワンSの最終追い=ラスト1F14秒3)よりいいね」と内容にも合格点を与えた。前走は5カ月半ぶりで馬体重が18キロ増。「10キロくらい太かったな。今回は素晴らしいメンバーだし、瞬発力では若い時のようにはいかんが、1度使った分、いいやろうから」と上積みに期待する。
 池添も同様だ。「前走で“次は良くなる”という感触がありました。今回は息遣いなどが良くなっていますね。3歳馬は強いけど、スイープ本来の走りをしてくれれば、一番強いと思います」とキッパリ。自信を持って3歳馬を迎え撃つ。
 「この後のことは馬主さんとも相談しないと」。師は明言こそ避けたが、6歳という年齢からも、競走生活は残りわずかだろう。それだけに一戦一戦が勝負。一昨年の覇者が、自慢とする究極の切れ味を発揮する。
…明言してくださってもいっそファンとしては覚悟が出来ていいんですが(笑)。現実問題、出れて有馬。でもたぶんない。去年のトラウマ的にも(笑)たぶんない。


ペン 【スポニチ】スイープ追えた!しかも好走/エ女王杯 画像有ぴかぴか(新しい)
G1・3勝を挙げた古牝馬のエース、スイープトウショウが最大の難関突破だ。京都大賞典に続いて追い切りを“拒絶”すれば出走回避のピンチに立たされていたが、ムチの連打に応えて合格タイムをはじき出した。
 追い切りを無事こなして出走できるのか、追い切り拒否でピンチに立たされるのか。スイープトウショウの姿が映し出された坂路モニターの前では、30人以上の報道関係者が固唾をのんで見守っている。だが、スイープはまたしても坂路の入り口で立ちつくしたまま動かない。鞍上・池添にステッキを入れられて一度は行きかけるが、ラチを頼ってすぐに止まってしまう。前へ進まないまま、5分、10分…と時間だけが過ぎていく。
 見かねて鶴留師がスタンドから坂路へ急行。スイープと鞍上の悪戦苦闘はすでに30分以上が経過しており、坂路の馬場閉門時刻(午前11時)まで残り15分というところだった。最後のチャンスとばかり、今度は鶴留師と鎌田厩務員の2人で勢いをつけて引っ張りながらスタート地点まで行くと、スイープが突然走り始めた。「よし、行け!!」。見守る報道陣から思わず声援が飛んだほどだった。
 すかさず池添が右ステッキを連打する。手綱もグイグイとしごいてスピードに乗せると、迫力満点のフットワークで登坂していく。さすがに前半12秒9―12秒4のハイラップで入ったためラスト1Fは13秒6を要したが、全体では4F51秒5。悪化した馬場状態を考えれば極めて優秀な時計だ。下馬早々「あー、疲れた」と漏らした池添だが目は笑っている。「前半もう少しゆっくり入りたかったが、せかして行かないと止まってしまうから…。時計どうこうより追い切れたこと自体が良かった」と胸をなで下ろす。「前走(スワンS4着)は体も緩かったし1回使えば良くなるなという印象だった。今回は息遣いも良くなったし思っていた通り体も締まってきた。3歳勢は強いと思うが、僕はスイープが一番強いと思っている」と昨年2着の雪辱に意欲を見せた。
 秋初戦に予定していた京都大賞典は追い切りができずに回避しただけに鶴留師も表情を緩ませる。「上積みは間違いなくありそうだ。前走はラスト1F14秒3。それより速くなっていただろ。今回はいいメンバーがそろったし、あとはどこまで来てくれるか」と謙虚に語ったが、その力強い口調からは確かな手応えが伝わってきた。

この記事読んで思わず泣いた(実話)。

ファンに替わって50分スーを見守りあまつ声援さえ送ってくれた報道関係者の皆様、そしてソレを詳細に記してくださったスポニチの記者様、本当にありがとうございました…!(泣)


ペン 【サンスポ】エリザベス女王杯、スイープトウショウ追い切れた! 画像有ぴかぴか(新しい)

ペン 【報知】スイープ荒れ馬場51秒5…エリザベス女王杯追い切り 画像有ぴかぴか(新しい)


この記事へのコメント
よかったー(涙。)
彼女なりに順調ですよね!

これがラストランになるのでしょうか・・・。
辛い。悲しい。切ない。。
あー、でも、お年頃ですもんね。

ちょっとわがままだけど、そこがとってもチャーミングでルックスもかわいい。
でも走らせるとめっちゃ強い。
そんな彼女の今までのレースを最近、寝る前にお酒のつまみにしています。

今回は秋華賞で悲願のGIが取れた時に流した涙とは違う涙があふれてきそうです。

私は京都に応援には残念ながら行けませんが、魂は京都です!
京都に応援に行かれる皆様。
気をつけて!!
私も彼女の駆け抜ける姿を目に焼き付けたいと思います。

Posted by ひーちゃん at 2007年11月08日 17:27
関西はいいですね〜写真入追い切り記事満載!日スポは文字のみでした。
よく読むと、確かに「ラストラン」とはどこにも断言していない・・・。
だから「もしかしてまだ走ってくれるかも?」というあらぬ期待を(切なくも)してます。
新聞を買いまくったり、夜バス&開門ダッシュしたり、
幕だしのお手伝いをしたり、徐々に増えていくスイープ活動家の方々にお会いしたり、
そんなスイープ活動もあと少し、と思うと・・・(涙)
色々なことがあったなあ・・・と読みながら過去の出来事が走馬灯のように(死ぬな)
ということで(多分)ラストかも?なスイープのレースには今回も夜バスで京都に乗り込みます!
寒かろうとアレは必携ですよ!
Posted by みきまる at 2007年11月08日 21:37
>ひーちゃんさま
本当によかったです。7日は朝からそわそわ、スポ紙HP&トウショウ様HPを連打でまわってみたりと挙動不審でした(笑)。本当によかったです。ほんと、彼女なりには順調ですよ!

ラストランとはまだ明言されてないのですが、現実問題じゃあどこ出るの?といわれると選択肢がないので(…有馬は去年のトラウマ以下略)たぶんラストランになってしまうのかなあと…覚悟はしています。

秋華賞は…「きたきたきたスイープトウショウきた、スイープトウショウきた、かわしたかわしたスイープトウショウヤマニンシュクル、やったスイープトウショウ池添、悲願のG1初制覇!」(C)フジ実況、ですね(さらっと書くな。笑)
秋華賞のときは、天才桜花賞馬1強ムードで、エ杯にファインモーションがくるかもしれなかったのでコレがG1を取る最後のチャンスだ!って思ってて(笑)、ほんと1週間心配の中にいました。だから現地では肩の力が抜けたのが先で喜びがじわじわときて泣けなかったんですよ(池添騎手に先に泣かれてしまったし。笑)。
でも今度は泣くかもしれません…(有終の美になれば間違いなく泣きますね)

京都での応援は任されました∠( ̄^ ̄;;
場所は違えど、彼女の姿を目に焼き付けましょう!


>みきまるさま
関西も日スポは文字だけだったので買ってないんです(小声)が、裏一面に3歳のどっちかが載ってるのは中にスーが上記扱いでした(笑)。でも内容が一番詳細だったのはスポニチのHPかな(笑)

正直、宣言がないと「もしかしてまだ走ってくれるかも?」という期待を(切なくも)してしまいますよね。罪作りだ(笑)。でも、たぶん、ないだろうなあ…(あって有馬ですが…有馬は去年以下略)

都大路Sで初めてみきまる様とご一緒したときは、直前に阪神競馬場でゲート試験があって「ゲートを失敗すれば次がない、コレが最後のレースかもしれない」が理由だったんですよね(笑)。そしたら安田・宝塚で激走して世界が変わりました(あの時期だけはスイープも素直だった!調教も週3とかでできてた!笑)。
スイープの競走馬生活と共にお会いできたスイープファンの皆様も徐々に増えて…今でも覚えてるものですね(笑)。なるほどこれが走馬灯…(死ねませんが)
私自身(実は)あまり社交的じゃないので発信型サイトなら作れるけど交流の場を作るとかその手の事は不得意なビミョウな管理人だったんですが、沢山の方に来訪していただいて利用していただけてよかったです。
…夏までにデジカメを買いなおして(笑)、サイト整理しないと…

夜バス変更ありがとうございます!!m(_ _)m 寒かろうと必須ですね!(もうひとつは役に立ちますが。笑)
後悔しないように万全の体制で応援しましょう!
Posted by toa at 2007年11月09日 13:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。