TotalTop
JunglePocketSite
SweepToshoSite
 

2005年11月09日

記事;エリザベス女王杯関連2

 
スイープ中1週も順調/エ女王杯(C)日刊スポーツ
URL;http://www.nikkansports.com/ns/horseracing/p-hr-tp0-051109-0001.html

スイープトウショウは坂路を1本。4F64秒6で上がった。天皇賞は上がり32秒8の脚を使いながら5着。「かなりのスローペースで展開が向かなかったことは確か。中1週だけどキッチリやれている。また気難しさが出てきているので、そのへんがどうか」と鶴留師。前走は馬場入り後に動こうとせず、返し馬ができなかった。メンバー屈指の瞬発力でG1・3勝目を狙う。

# 本追い切りは今日?明日?


【エリザベス女王杯】背水スイープ“女王”復権へ負けられない(C)サンケイスポーツ
URL;http://www.sanspo.com/keiba/top/ke200511/ke2005110901.html


   ★写真評;栗東一のワガママ娘スイープトウショウは、相変わらず陣営を
    困らせながら
マイペース調整。それでも走るのがまた魅力的?
   # とうとう栗東一って言われた( ̄□ ̄;;

春のGPホース・スイープトウショウが、1番人気で5着に敗れた昨年のリベンジを期す。前走の天皇賞では同じ牝馬のヘヴンリーロマンス、ダンスインザムードに先着を許したが、6戦4勝の良績を残す京都でその悔しさを晴らす構えだ。「ボクがしっかりと乗るだけ」と主戦の池添騎手も力強い。最優秀4歳上牝馬は今年の目標にしてきた絶対に欲しいタイトル。ここは負けられない。
 宝塚記念馬が“女王”復権に燃えている。天皇賞は同じ牝馬のヘヴンリーロマンス(1着)、ダンスインザムード(3着)に先着を許しての5着。もう、負けられない。スイープトウショウがその悔しさを晴らすべく、女王杯の舞台に立つ。
 天皇賞は展開に泣かされた。前半1000mが62秒4と超スロー。典型的な上がりの競馬で、中団より後ろにいたスイープは困難を強いられた。「思っていた以上のスローペース。この馬も上がり3Fは32秒台のいい脚を使っているし、結果的には位置取りの差だったと思います」。池添騎手も敗因を流れと分析。力負けではないと、巻き返しへの決意を高めている。
中1週になるが、6日に坂路で4F55秒4−41秒0−13秒7をマーク。8日も坂路1本を消化した。相変わらず坂路の入り口に向かう馬道で立ち止まる"クセ"を見せてはいたが、「反動や疲れはない。元気だし具合はいいよ。間隔が開くと調整が難しくなるタイプだから、むしろ(間隔が詰まるのは)いい方に出るかも」と調教パートナーの山田調教助手は前向きだ。
 ただレースの前に克服しなければならない弱点がひとつ。天皇賞では本馬場入場時にコース上で全く動かなくなり、池添が降り、陣営に引っ張られて集合場所に向かったほど。その辺について池添は「馬場入りを嫌がるのはいつものこと。去年の女王杯もそうだったし不安は常にある。ただそこさえクリアしてくれれば、あとはボクがしっかりと乗るだけ。スタートさえ普通に出れば、いいポジションで流れに乗れると思う」と気持ちを引き締めている。
 宝塚記念馬としてだけでなく、絶対に負けられない理由は他にもある。宝塚では昭和41年エイトクラウン以来、牝馬として史上2頭目の勝利を飾り、安田記念でも2着。最優秀4歳上牝馬のタイトルは確実と思われていたが、ここにきて大敵が…。ヘヴンリーロマンスが天覧競馬でVパフォーマンス。ジャパンCから有馬記念へ挑むライバルに優るには、女王杯をまず勝たなければならない。
「ボクとスイープと2人で競馬をすれば、いい結果を出せる。(最優秀の)タイトルを獲れる馬だと思っているし、何とか獲らせたい」。6戦4勝の良績を残す淀のターフで、スイープトウショウが池添とともに『現役最強牝馬』の力を証明しようとしている。(和田稔夫)

# さりげに去年のエ杯より今年の秋天のほうが前半1000m通過1秒も遅いんですね。距離200m短いのに(爆)。まあ去年のエ杯はその代わりに物凄い縦長だったけど…。まあ、どっちにしても、今年も速くはならないよね…ゲート出重要そうだな…普通に出れますように(祈)
ところでいつから今回は背水の陣になっていたんですか…?(衝撃)


◆前年に1番人気敗退馬のG1制覇
スイープトウショウは昨年、1番人気だったが5着。女王杯では平成11年に1番人気で6着に敗れたファレノプシスが、12年にリベンジを果たした。その他のG1で1番人気敗退馬が翌年に優勝した例は、昭和62年マイルCSのニッポーテイオー(前年2着)、63年安田記念のニッポーテイオー(同2着)、平成2年有馬記念のオグリキャップ(同5着)、5年マイルCSのシンコウラブリイ(同2着)、5年有馬記念のトウカイテイオー(同11着)、11年ジャパンCのスペシャルウィーク(同3着)がある。

# …どれもリアルタイムで知らないorz ファレノの2回目(?引退の時の)エ杯は見たんですが。


【エリザベス女王杯】栗東レポート〜スイープトウショウ(C)ラジオNIKKEI競馬実況HP
URL;http://keiba.radionikkei.jp/news/20051109K12.html

◎鶴留調教師
秋初戦の毎日王冠は天皇賞に向けてのステップの調教過程でしたが、天皇賞はさらに調教も積んでのレースでした。ただ展開や流れもあってあの結果でしたけどね。昨日(火曜日)も坂路に入ってしばらく動かなかったので、今日の最終追い切りは最初とばして速くなってしまうかと思ったのですが、案外スムーズにいってくれました。今年最後ですから最後だけは伸ばすような調教をしました。この馬なりに大丈夫だと思います。後はレース展開ですが牝馬競馬場限定ですからそんなに流れが速くなるとは思えません、本当は好位差しのレースが出来ればチャンスがあると思いますが。調教の馬場に入る前にも止まって、今日も坂路を一本しか登れませんでしたからね、レースを使い込んだ方がいいタイプでしょう。だから天皇賞から中一週というのも返っていいかもしれませんね。とにかく調教過程において馬はできていますから、あとはちゃんと馬場に入ってゲートを出てくれるかですね。
◎池添騎手
毎日王冠の時はスタートもよくありませんでしたが、天皇賞ではそれなりに出てゲートの中もおとなしくなっていました。前走は一度使われた上積みがあって、展開こそ向きませんでしたが32秒台の上がりを使ってくれましたからね。去年は追い込み一辺倒のレースでしたが、今年はレースの幅も広がったと思います。ですから去年のような競馬にはならないと思います、ただ極端に前で競馬をする馬ではありませんから道中ロス無くリズム良く走って、後は不利が無いようにということは考えています。馬場入りに不安は残ります、あとはしっかり僕が乗るだけです。
取材:ひかわ彰人


スイープ古馬の威厳見せる〜エ女王杯 (C)スポーツニッポン
 
 


この記事へのコメント
こんばんは。

もう決定でいいですよね(まだ信じていない自分が・・・)。

へぇ栗東一ですか・・・いやとりあえず日本一でしょう(爆)。

いやいやスイープファンの中では世界一ですね!

もう全て好きっ!って感じです。

しかし背水の陣とは・・・。
負けたら何て書かれるのでしょう・・・。
Posted by もも at 2005年11月09日 18:18
すべてネット情報なのですが、わがまま姫は、今朝は5分ぐらいの立ち止まりで済んだそうですよ(笑)。
明日朝になればもうちょっと情報が出てくるんでしょうが、今日の調教は馬なりで52.7−39.2−12.5だったそうです。(ZAKZAKより)
あと、ラジオnikkeiホームページのリポートによると、鶴留師は「今年最後だから、最後は伸ばすようにした」と言ってますね。有馬は出ないのかな。来年続行かはエリ女次第なんでしょうか。
全体的な印象としては、可もなく不可もなくといったところなんですかね〜?

今日は風邪で会社を休んだので、あとでGCの調教をチェックしてみますね。(でもどうせ、良く見えるんでしょうけど・・・笑)
Posted by ぴしょん at 2005年11月09日 20:17
こんばんわっ!
ここまでくると、もぅ‘確定ムード’とゆーより‘確定’ですよネ。
私も詳細の方、メール送らせていただきました。当日よろしくお願いします!

やはり、、最優秀古馬牝馬を獲るためにエリ女に決めたんでしょうかネ?
記事を読む限り、反動も疲れもナイみたいなので、大丈夫だと思って良いんですよネ!?私、いまだにローテが心配だったりしてるので・・・。

でも、色々考えても仕方ナイので、出ると決まれば精一杯応援したいです!‘栗東一’の気性も含めて(笑)
エリ女はスイープと共に頑張りましょう!!

Posted by N at 2005年11月09日 20:48
今年最後か。やっと年末の予定がたつわ。


みなさま、ちゃんと覚えてますか?
Sweepちゃんは「誉めて伸びるタイプ(Gallop7/10号)」なのよ〜。
出遅れようが、ゲート再試験だろうが、調教で立ち止まろうとGT馬。
さらに場入り拒もうと、騎手を歩かせようと、誉めて誉めて誉めて・・・(泣笑)
そうしたら最優秀古牝馬になれる・・はず・・かな・・・えっとぉ・・・(汗)

とにかくかわいいから全部おっけー!(盲目+意味不明)
Posted by Maki at 2005年11月10日 02:22
>もも様
流石に決定ですね…コレで出ないのは詐欺です(笑)。そして私もとりあず現役では確実に日本一な気がしてしかたありません。

今年はもう「素直になった!」と喜んだり「ああまた戻った!」と心配したり、波乱に飛んだ1年でしたよね…まさに全て好きっ!普通の馬のファンでは味わえない(断言)付随効果をありがとう…

大丈夫です。もし負けても相手はプロですからそこは上手く纏めてくださるはずです(脅迫?)
ていうか、個人的にはソコまで背水の陣っぽいイメージを持っていなかったので…いえ、最優秀4歳以上牝馬にこだわればそうなのかもですけど…ちょっとびっくりしました。


>ぴしょん様
風邪大丈夫ですか?流行ってますよね…最近…
情報ありがとうございました!昨日コメントを読ませていただいてちゃっかり↑に追加させてていただいてます、ラジオNIKKEI(笑)。
エ杯の後は放牧という記事を今日見ましたが…有馬はなしみたいですね。…入場規制がかかりそうな今年、出るといわれたらそれはそれでどうやったら行けるの!orzと悩む羽目になっただろうと思うと…複雑ですが(笑)
来年は現役続行してくれるのでしょうかね?(私もなんとなくエ杯次第かなとも思いますが…)

GCの調教っていかがでした? 私、タイムを見て「とりあえず秋では一番かな…」という感想は持ちましたが…池添Jもそのようなことを言っておられたみたいですが…。


>N様
流石に確定ですよね(笑)、メール受け取りました!9時頃着で大丈夫だと(笑)。朝私もメールいたします〜v

エ杯決定は「間隔があくと逆に調教がしにくいタイプ」というお話もされていましたので、それもあるかもですね。確かに中1週ですけど、今年最後なら大丈夫かな…とも…思います…調教タイムも最後もよかった…ですし…。

本当に、色々考えても仕方ないですよね!今年最後、今年1年分の感謝を込めて応援しましょう!ええ本当に、“栗東一”の気性も含めて(笑)。でもとりあえず、馬場入り〜ゲート出がスムーズに行くように祈りましょうね…(小声)
当日よろしくお願いします〜v逆、長距離輸送(笑)気をつけてきてくださいね!


>Maki様
ああ!(爆笑)そ、そうでした…誉めて伸ばすタイプでしたね…orz 

わかります年末の予定(笑)。有馬のチケ争奪戦とか絶対無理ー!とかひやひやしてましたので…(日程も悲惨ですし)

私も、好きなものは好きなんだもん理屈じゃないんだよ!って感じです(笑)。………でももし最優秀古牝馬の称号がもし取れなくても、心底悔しいけど、好きなのも最高だって思ってるのも変わらないしイイんですよぶっちゃけたら(開き直り?) …そりゃ物凄く欲しいんですけど…勝って欲しいですけど…
Posted by toa at 2005年11月10日 14:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。