TotalTop
JunglePocketSite
SweepToshoSite
 

2005年11月12日

記事;エリザベス女王杯関連5

 
 
12日付
スイープ 真ん中枠にホッ… (C)デイリースポーツ
URL;http://www.daily.co.jp/horse/2005/11/12/194227.shtml

「エリザベス女王杯・G1」(13日・京都)に出走するスイープトウショウは(4)枠(8)番をゲット。鶴留師は「ゲートもよくないから、あまり内でなくてよかったよ」とチラリと笑顔をのぞかせた。この日は角馬場でじっくりと調整。前日にはゲートにも入れて、無事にクリアした。抽選を行った池添も「外枠だけは嫌だったので。(会場に)来たかいがあった」と明るい表情。3個目のG1タイトルへ視界は良好だ。


★最新ナマ情報(C)サンケイスポーツ
URL;http://www.sanspo.com/keiba/top/ke200511/ke2005111202.html

≪栗東≫スイープトウショウの池添騎手も自ら抽選に臨み4枠8番。その瞬間、やや口元が緩んだ。「外枠だけはイヤでしたから。奇数偶数は先入れだから関係ありませんが、枠順は言うことなしです」と力強く話した。
★京都競馬場の馬場と天気
芝はだいぶ内側が荒れてきており、先週も直線で外に持ち出す馬の伸びが目立っていた。さらに、11日午後から降り出した雨は12日明け方まで続く予報。馬場悪化が進行する恐れもある。女王杯当日の13日は晴れそうだが、内外の有利不利を見極める必要がありそうだ。
◎降水確率=午前20%、午後10%。
◆馬場造園課
「3コーナーや正面の内側に傷みが見られますが、全体的には良好な状態です」


13日付
★最新ナマ情報(C)サンケイスポーツ
URL;http://www.sanspo.com/keiba/top/ke200511/ke2005111303.html

≪栗東≫女王復権を狙う(8)スイープトウショウは、前日の12日は厩舎周りの運動のみ。「坂路に入れようと思ったら、また(ムチで)叩かないといけないし、競馬前日に叩くのもかわいそうだ」と鶴留調教師。山田調教助手は「追い切り後の息の入りも悪くないし、10日のゲート練習もスムーズ。競馬もスムーズに走ってくれれば」と期待する。


スイープゆったり最終仕上げ〜エ女王杯(C)スポーツニッポン
URL;http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2005/11/13/02.html

春のグランプリホース、(8)スイープトウショウがここ2戦の巻き返しを懸けての総仕上げは、厩舎周囲の運動を約1時間半というメニューだった。脚を止めることなく、ゆったりと歩いて体をほぐしたが、落ち着き十分の姿は貫録を感じさせるほどだった。
鶴留師は「レース前日に馬場入りを嫌がって気分を損ねてもしようがない。体の方もすっきりしているし、きょうは運動だけというメニューにした。中1週だけど、きつい調教に耐えてくれたし、今年最後のレースだからね。いい結果を出してほしい」と抱負を語った。
同じG1レースで前年1番人気で敗れた馬が優勝した例は、グレード制導入以降ここまで7回あるが、エリザベス女王杯では00年のファレノプシスだけ(前年6着)だが、その巻き返しの舞台は十分整った。
「天皇賞と同じ状態は維持できているし、ベストに近いと思う。天皇賞の時は東京コースに慣れて馬場入りを嫌がったが、京都は久々になるので大丈夫だろう。ゲートを宝塚記念と同じくらいに出てくれれば、いいポジションを取れるし、チャンスは十分」と稽古をつける山田助手も闘志を燃やして、戦闘態勢は整った。
 
 


この記事へのコメント
トオアさん、こんばんは。
そしておめでとうございます!!
やりましたね〜
今日は全てがスムーズにいっていたようで、
とてもおりこうさんでしたよね。
“これはひょっとするんじゃないか?”と思っていましたが、あんなに見事な差しっぷりを見せてくれるとまでは想像していませんでした。
レース後は泣きました。
ファンやってて良かったです。
彼女は紛れも無く、最強牝馬ですね!


Posted by マドモアゼルカメハメハ at 2005年11月13日 20:20
こんにちは!!
ほんとにやりましたね!おめでとうございますですよね!!
昨日はもう「誰!?」と言いたくなるくらいに素直で…驚きました。でもそれ以上に最後の脚に驚きました。逃げ残ると思った後だったのもあって、直線で叫びすぎて先にテンションが先に崩壊してしまい現地では泣けませんでしたが声は枯れました。帰ってビデオを何度も何度も見直して、初めて思わず泣きました。

本当にファンでよかったです。間違いなく最強牝馬ですよ!
今後のヘブンリー次第でもし最優秀古牝馬が取れなかったとしても、春秋通してこれだけのパフォーマンスを見せてくれたこの子が、間違いなく私の中では今年の現役最強牝馬です。
Posted by toa at 2005年11月14日 11:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。