TotalTop
JunglePocketSite
SweepToshoSite
 

2005年11月13日

第30回エリザベス女王杯(G1)

2005年11月13日(日)15:40発走
芝・右外2200m サラ系3歳上(国際)牝(指定) OP 定量 曇/良 R:2.10.2

ハロンタイム  12.3 - 10.9 - 11.9 - 12.4 - 12.5 - 12.5 - 13.3 - 12.0 - 11.5 - 11.1 - 12.1 [2.12.5]
上り  4F 46.7 - 3F 34.7
 1角 1=4,15(2,5)(3,17)(7,18)(8,6,14,16)(11,13,9)(12,10)
 2角 1=4(2,15)(5,17)(3,7,18)(8,6,14,16)(11,13,9)(12,10)
 3角 1-16=(4,15)17(2,5)18,3(8,14)(7,13)6,9,11(12,10)
 4角 1-16,15(4,5,17)(2,3,18)(8,7,14)13(6,9)11(12,10)
1着08番 スイープトウショウ 牝4 池添謙一 3F33.2 56.0` 464(0) 鶴留明雄

【レース動画】第30回エリザベス女王杯(G1)(C)JRA Video Interactive
URL;http://www.jra.go.jp/vi/

URL;http://www.jra.go.jp/vi/doc/mc_replay/rep_queeneriza_h17.html ←直
これが最強牝馬の末脚!スイープトウショウが豪快に伸びてGI3勝目をマーク
5歳勢からは、同一レース3連覇を目指すアドマイヤグルーヴや昨年の2着馬オースミハルカが参戦。一線級の牡馬を降して宝塚記念を制したスイープトウショウや重賞2連勝中のヤマニンアラバスタ、1年ぶりの出走ながら堅実さが光るヤマニンシュクルなど、4歳にも有力馬がズラリ。そして3歳代表は、秋華賞を制したエアメサイア。
 第30回を迎えたエリザベス女王杯(G1)には、各世代のトップに立つ強豪が集い、まさに“現役牝馬ナンバー1決定戦”にふさわしいレースとなりました。
 1番人気は、古馬勢を押さえて3歳エアメサイアが獲得。しかし実戦では、キャリアに優る4歳&5歳が意地を示します。特に勝ったスイープトウショウの末脚は、すべての馬を黙らせる迫力と切れ味にあふれるものでした。
 1枠1番から発走のオースミハルカが宣言通りの逃げを打ち、後続を5馬身以上も引き離します。この展開が、スイープトウショウの強さをさらに際立たせることになりました。
 最後の直線に入っても、先頭は遥か前方のオースミハルカ、脚色にも余裕あり。しかし後続各馬は互いに牽制しあって追い出しが遅れたせいか、アドマイヤグルーヴはまだ中団、エアメサイアやヤマニンアラバスタは後方、なかなか先頭との差は縮まりません。結局アドマイヤグルーヴは3着、4着にはヤマニンシュクルが入り、エアメサイアはよく追い込んだものの5着にとどまることになります。
 オースミハルカが逃げ切るかと思われた瞬間、凄まじい勢いで飛んできたのがスイープトウショウでした。直線で前が壁になったため抜け出すのが遅れましたが、外へと立て直してからの伸び脚は実に豪快、勢いの違いは歴然。
「ずいぶんと開いていたので、届くかどうか心配だった」
 そう振り返った鞍上・池添騎手でしたが、最後はオースミハルカとの差を確認しながらゴールする余裕すら見せて、スイープトウショウはGI3勝目を手にします。
 毎日王冠は6着、天皇賞・秋は5着に終わったスイープトウショウ。しかしこの豪快な末脚があれば、ふたたび牡馬勢を打ち負かすことも可能。そう思わせる、見ごたえのある差し切り勝ちでした。
 
 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。