TotalTop
JunglePocketSite
SweepToshoSite
 

2004年11月14日

日々徒然;エリザベス女王杯

 
 
コ レ が 彼 女 の 最 恐 行 程 。

 
 
…正直に今回のレースの感想を云えば、この馬の真骨頂を見た…!!でしょうかorz。


ええ、秋華が鬼脚の真骨頂なら、今回は気性難の真骨頂。


…テンションだけなら秋華賞と変わりませんでした…ええもうそりゃあもう物凄く可愛かった…!(号泣)

レースはスロー確定だったので、馬群が詰まっていれば何とかなると思うけど、縦長になったら最後方追い込みは届かないと(秋華の時も)思ってたんですが、まさにその最悪なパターンで来たなと(がくり)。…いくら私でも…追込馬に毎回勝ってとかは云いませんよ…(小声)。でもスイープの「嫌なことあったら動かない!」みたいな性格ならストレス溜め込まないって、目に見えないストレスはきっと大丈夫じゃないかな〜とか思ってたのは非常に反省してます(俯)。どれだけ性格が変わってても(小声)3歳牝馬だということを忘れてました…ゲート審査って馬には凄いストレスなんですよね…

ブックの◎一列も驚きましたが1人気になったのも驚きました(小声)。…ローテと前走が買われたんでしょうが…それでもアドグルが僅差で1人気だと思ってましたよ…。…だって一応スイープさん追込馬だし…
今回の人気馬は先行、差し、追込。春天再現で後ろで牽制しあって前がノーマークになったら残りそうだ、しかもSペースは決定、前は粘るだろうと競馬場に行く途中から(着いてからも)「バトラーが逃げたらハルカは交わせるか、それとも2頭とも残るかなぁ。中団組の馬なら届くかな。ハルカから買いましょうか馬単(笑)」「アドグルは馬体重とパドック見てからですねー」等とこりっちさんと話していました。
スイープの馬体は+4。減リ過ぎていても困ったのですが、調教はしっかりやってたはずなのに何故プラスなんだろうと思ったのは確か。調子が良い証拠といえなくもないのですが一抹の不安。パドックの気配はスイープもよいと判断したのですが、馬体のよさとゴネるかどうかは全く結びつかないから彼女の場合(現実)orz。アドグルは±0、パドックを見て素人目にも「絶対買い!!」と思いました。

スイープはパドックでは大人しいので、個人的にいつもチェックしてしまうのが
 (1)本馬場に素直に入るか
 (2)ゲートに素直に入るか
 (3)ゲートに出遅れないか
です。…でも、3つとも引っかかった上にもう1つ追加するとはさすがに思ってなかったよ…!!orz

レクレドールが返し馬で走ってきた後にアラバスタが見えた瞬間「ヤバイ」と思いましたが、やっぱりオークス再現、

出てきません(嗚呼)。

実質何分くらいだったんですかね…係員の方々にやっぱり後ろ向きに押し出されようやく出てきました。

返し馬では場内何故だか一斉に拍手と歓声

そろそろ皆さん慣れてきてますよねこの馬の性格…なんだか温かかったもの雰囲気が…(遠い目)。
ゴスペラーズの皆さん、流石に歌お上手でした。100円で生歌を1曲はラッキー。
もとい。オークスの時はコレで満足した(?)のかその後はスムーズだったのでなんとかこの後は…!!という祈りはあっさり崩壊。

待機場所の中からゲート前に出てこるのを嫌がって後退さるのは初めて見ました。

えっ…そこって嫌がる所…?(愕然)

いつもは「何をやらかしても絶対最後伸びてくるからなぁ」と思っている私でも「…これはちょっと今日はおかしい、かなりまずいかもしれない」と覚悟。ゲートも駄目だとこの時点で覚悟
その予感通りにゲート入りは嫌がって目隠しされ、それでも嫌がって押し込まれる見慣れてしまった光景ですが、ファンファーレが鳴る前にゲートに入れられた馬なんて初めて見ました…私…orz。

そしてゲートは当然出遅れ。というか余所見してましたからねこの子。

本馬場の最前列で馬場入りからの一連を(大騒ぎしながら。後ろのお兄さんたちと微妙に会話をリンクさせながら)ずっと見ていたのですが、ゲートを出てくれた時点で「あぁ…今日はもうコレでいいか…」というある種の開放感(脱力感)に包まれました。いや…もう…なんかね…これぞスイープトウショウと云って良いのか…良いですか、もう(えー)。

……レース展開は予想した中で一番最悪でした。見ていても「遅……」といいたくなるペースなのに縦長。そして最後方。直線に入ったところでも最後方。3コーナーあたりでも仕掛けるそぶりがなくその時点で先頭との距離を見て「コレは無理だな」と思いました。アドグルが道中あの位置で33.8で、最後直線を通った場所の差といったら…(苦笑)。このペースでこの展開ではスイープがある程度前に付けない限り無理でしょうね…。今日のペースと展開では位置取りが後ろ過ぎ、或いは仕掛けが遅すぎと思ったのは思ったのですが、レース前に大騒ぎしすぎて力尽きてたので今回はもうイイです(本心)。オークスの例もあるので、ゲートがすっと出れれば(痛)前につけられないわけではないと思うんで、気性面が成長すればもう少し前からいけると思うんですがどうなのかなあ。
現地でも、秋華よりは最後の脚が早いだろうとは思いました。それでも脚捌きの迫力が秋華の方があったなと感じ、距離かもしれないけどそれ以前に今日はどうしようもない気がすると思っていたら、やはり「道中も手前をころころ変えて自分の走りをしていなかった。最後直線でも手前を変えていた」とのこと。…どれだけ苛々して自分の走りをしていなくても、やっぱり33.2の末脚を出して来るんだなぁ…(3歳勢最先着)。よく頑張った(涙)

今回一番心配していたゲートが再審査で、今回は騎乗停止期間は1ヶ月。次のレースでまた枠入り不良だと3ヶ月騎乗停止だとお聞きしまして、物凄くレース選択が大変になってきたなあと思っているのですが…その前に競馬場で試験では受かるのかも不安…(涙)。なんというか、トライアルは使いにくくなりましたか…やはり…(号泣)。
…この子は牝馬だしG1も1つ取れたので…もし次またレースで枠入り不良にったら(3ヶ月はレース選択ができなくなってしまうし)お母さんになるのもそれはそれで有なんだろうか?とちらっと思いましたorz。…私の本音は、あの鬼脚の持ち主なので絶対勿体無いし、ファンとしては勝敗以前にレースに出てくれるのが一番嬉しいので、関係者の方々も周囲の方々も大変でしょうが、なんとか頑張って欲しいんですが…こればかりはスイープにゲートを頑張ってもらわなければどうしようもないからなぁ…(気性改善は…だって…本人(馬)次第…orz)

…しかし本当に…この馬がここまで(色々な意味で)凄い馬だなんて、ファンタジーSを見たときには想像もしていませんでした…。ええ、関係者の皆様本当にもうしわけございません、苦労は並ではないと思うのですが、やっぱりこの馬、最高です。此処までの仔はしばらく出てこないよ…間違いないよ。絶対いないよこんな子。
posted by toa | 日々徒然;'04 | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

日々徒然;秋華賞

 …終わってみれば、キネーンの指名@サラブレ9月号の通りだった秋華賞(感嘆)。桜のレースを見て樫に指名したのはスイープとシュクル、樫を見て秋華に指名したのがスイープ。完璧ですね!(笑) 小回りで前有利でもスイープかと訊かれても即答してたしさ…(ちなみにダンスの米オークスの感想は気性面課題有。流石。笑)。
でもまさか、「こう乗られたら届かないかもなあ(胃痛)」と思っていた直線一気で、馬は違っても「(もう少し後ろでもいいし)こんな感じで乗ってくれたらなあ」と思っていた猛烈好騎乗のシュクルを抜き去るとは…!それで3着の馬群に5馬身つけるとは…!!

一週間たったからこそまだ落ち着いて回顧してますけど、当日翌日あたりはもうほんっとに凄かったです…(微笑)。


ローズSが終わってからスポ紙HPを見ても探すのは秋華情報(笑)。
樫直後は「エリ女の方がコースは向くかなあ?」と思っていたのですが…ファインモーション嬢が出ると聞いたので…「お願い秋華頑張って!ココでどうかG1の勲章を!!」と個人的に必死さ倍増(小声)。
何故かやたらと不安視する声をみかけた(ので「そりゃまあ私だって後ろから差されたのはびっくりしたけどこっちは前哨戦で向こうは権利取りにきた仕上げやん、てゆーか惨敗したら次は変わるっていわれるのに、調教不足でも人気馬の中で一番頑張って3着来てるのに終わったとか早熟とかトライアルホースとか言われるの理不尽!」と暴れ倒していた)ローズS3着は、同じように乗ったとしても次は確実にこれ以上伸びる!と思っていたので全く不安なし。
台風でずれて火曜発売だった競馬雑誌に記載済の調教数が1本だったので(いいのだろうかこの数)とちらっと思ったものの、その後ムチでびっしりおったりタイム自己ベストを叩き出したりしたというニュースを知って(陣営の方々も頑固娘に苦労しながら勝負にきておられるに違いない…!)と最終的には自信満々。

…ええその、不安だったのはダンスの良枠と「次は思いきって乗ります」という池添Jの発言だけでし、た(本当に本当に本当にごめんなさい…orz)

いやそのだってあのですね、何を思ったかオーシャンが勝った秋華を見直してしまったおかげで、ローズバドとレディパステルのコース取りと着差に「外回ったら不利なんだなあ…前との距離にもよるけど後ろで脚ためて大外回されたら届かないかも…」と思ってしまったんですよ…。まさかその乗り方であんなに圧勝されるとは思ってなかったよ…



当日は見事な快晴。現地には7時ごろついたのでしょうか。そういえばターフィーショップに行ったらオークス馬のぬいぐるみだけがないんですが、作ってくれるんでしょうかア●ンティ。そして秋華賞馬のは作っていただけるんでしょうか。
もとい。ファンなんだから三連単買うなら1着スイープ付けだよな。ああそれでも点数が増えるー何を切ろうー、ダンス切らなきゃオッズつかないけどどー考えても3着までには来る気が…と頭をかかえ、「応援してるのがスイープとアラバスタとレクレドールならその3頭ワイドでいいやん」というこりっちさんの案に心を揺さぶられ、1日馬券に悩んで時間がたつのは異様に早かったです(まぁ…ウイングレットは買えてないけど…さ…)。

アラバスタは乗り代わりと輸送、レクレドールは前走の−14でどうにも踏ん切りがつかず、馬券は馬体重発表まで持ち越し。
本日のゲストだった若槻千夏さん、こっそりファンだったので(笑)シグネットホールでちゃっかりイベント参加。杉本清さんが枠見て◎ダンスインザムードに変えられたそうで、ちょっと拍手してきました(え)。でもいいこといってたよ、この世代で一番実力あると思ってるのはスイープだって!(笑)。

9R終了頃からパドック前にいたのですが、位置と人の多さに写真は断念。馬体重スイープ−2には「完璧!!」と思いました(笑)。パドックの歩き方は、いつもよりちょっとうるさいかな?と思いましたが厩務員さんが首を叩いて宥めておられて気配良し。ダンスの体重は樫と比較で−4、輸送でこれだと案外まだ太いかもなと思いましたが、とにかく暴れっぷりが凄いし発汗も凄い(苦笑)。「…いや…でも樫よりはましかな…」と私は思ったんですが…(後ろにいたおにーさん達の評が「ジャンポケ並に暴れてる(笑)」だった。笑)。

パドック途中で本馬場に移動、馬場入りは素直に走ってきたスイープに「よしっこれであとはゲートだけ…こ、これならなんとか…!!」と思ったら、最後にキましたね…(そんな貴方が素敵です…orz)。「スイープが1着になりますように1着になりますように…」とひたすら祈りながら待ったファンファーレまでの長いこと(ほんとに手合わせて祈ってました。笑)。

ローズSはそれでも目隠しされてから早かったゲート入り、今回は動かない(爆)。

「気配でわかるんやろうなあ、騙そうったってそうはいかないわよ、入らないわよ!みたいな(笑)」byこりっちさん。後ろにいたおにーさん達も「そろそろ見慣れたなぁこの光景…(笑)」とぼそり。入ってからはおとなしいんだけどなぁ…スイープ…(涙)。意外だったのはグローリアスデイズが暴れたことでしょうか。

ゲートが開いて十数秒。「ああやっぱり下げたか…もしかしたら前にいってくれるかもしれないと思ってたけど…。…これは届かないパターンも覚悟しとこう…」と腹をくくってレースを観戦。最後直線に入ってくるところのターフビジョンを見て「ダンス持ったままやで!来るやろこれ!」と後ろのおにーさん達が言ったので、あああ(涙)と思いながら最初から最後までターフビジョンでスイープを見続けて、いともあっさりと前にいたレクレドール(多分)を抜き去って行く姿を見ました。


「……来たあああああああああああああああ!!」


「差せ差せ差せ差してえええええーーーー!!!!」という言葉を発せていたかどうかすら謎ですが、間違いなく狂乱&大絶叫。
脳裏に焼きついたままの最後の直線、1年ファンやってきてスイープ追いかけてきてよかった…!と心底感動したヤマニンシュクルとの叩き合いでした。



ちなみに。
レースが終わったあとは「だからスイープ勝つっていったやん」byこりっちさん、「当たり前やん。実力通りの結果」by師匠と、私が「届かなかったらどうしよう」とひたすら不安がっていた態度に非難轟々(痛)。
……ええ…ほんとスイマセンでした…届いてますね思いっきり…しかもシュクルに半馬身、後ろは5馬身でしたね…あぁもう私死んでもいい…(あ、いや駄目まだ駄目以下略)


帰って友達のお土産の地酒で祝杯を挙げながらビデオ鑑賞。本当に何十回と見ました(笑)でもまぁ何度見ても「なんつー脚。ありえないよ!なんで届くんだよ!!凄すぎやってこの馬!!!(笑)」と呟かずにはいられない追い込みっぷり。京都コースに合ってるのかもですが…凄い。アレは凄い。同じ京都で見たファンタジーS、紅梅Sの時よりも迫力倍増です。あぁスイープのファンでよかった…!!!牝馬クラシック最後の最後で最高のレースを見せてくれてありがとう!!!(*≧▽≦*)

次はゲート次第ですがエリザベス女王杯ですね!順調にいければ、内回りで届くんだから外回りでも好勝負できると思います…!!


なのでどうかゲート試験受かりますように…!!!(切実)
posted by toa | 日々徒然;'04 | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

日々徒然;ローズS

オークスの日記の通り、今年の牝馬クラシックで応援してる馬はスイープとエルとレクレドールだったので、登録を知ったときから(夢の競演…!!!*≧▽≦*)と思っていましたが(笑)。
競馬を見始めてからそろそろ4年、流石に休み明けのG1前哨戦で完璧な状態のはずがないことくらいはわかってました。
…だってGallop(派なんです)がでた月曜時点で、休み明け組の比較だと調教回数はエル(プール含)やグローリアスデイズの方が多かったし、タイムはアズマやオスカルの方が良かったし、スイープ自身と比較してもオークス前の坂路G前仕掛け(良)と、坂路馬なり(重)と比較したらマダマダだったしさぁ…。

そんなわけで(これはトライアルの仕上げだなぁ、それに多分調教も他の馬程出来てないんだろうな…)と1週間前から思い込んでいました。<タイミングよいことに(?)当日朝買った新聞で鶴留調教師が『坂路1本しかできないようではね。他の馬との成長力がどうか。地力に期待したい』と弱気めにおっしゃっていたので当日はもはや意見不動(苦笑)。
…なので(今回は多分負けるだろうけど(え)次に期待できるようなレースしてくれたらいいなぁ、成長の跡が伺えればいいんだけど…)と1週間前の時点で思っていたのが裏目に出ました。
(…ま、また調教で止まったみたいなんだけど…気性が微妙に改善してないみたいなんだけど、これって夏挟んでも成長しなかったということだったらどうしよう…えっでも身長伸びたって聞いてるし大丈夫だよね、でもそれなら何で体重は減るかもしれないとか言われてるんだろう…春より減るってこと?しかも馬体がすっきりして見えるとか書かれてるんだけど…仕上がりがはやいってでもタイムは…)と一度取り付いた不安は留まる所を知らず、運悪く調教の映像を当日まで一度も見れなかったのが拍車をかけて、嗚呼どうしようどうしようと胃まで痛くなる始末。私写真では馬体判断が出来ないので(ちなみに生のパドックでも外します…TVで見るのが一番当たります。とほ)ので師にまで頼んで写真見てもらったりしてあたふた。正直スイープ以外の馬のことはあまり視野に入ってなかった気がします(ええ)。勝つかどうかではなく成長しているかどうかを心配していたのは私くらいかもしれない…徹夜(寝付けなかった)で行ったのに競馬場で眠くならなかったのは初めてです…(それだけ不安だったらしいです私)。

現地には8時頃に到着。行きの電車もこりっちさんにどうしようーどうしようーと言い続けて来たのですが、ターフビジョンでスイープの調教ビデオを始めて見て、何でもっと早くに見れなかったんだろうと嘆いたほどの衝撃でした。

なんか凄まじいんですが走り方!特に後ろ脚の土の蹴り上げ方!!


あまりの迫力に一週間分の不安一掃(早っ!)。


(春より凄い…!絶対凄いよコレ…!!…よかった…!!!)と本当ーーーにほっとしながら14時半頃から輪乗り前で待機。ちなみに馬券は狙った馬の組み合わせで三連単の万馬券以上のみというJRAの思惑に踊らされまくりの買い方でした(2着を買っていなかったのでどっちにしても駄目でしたが…笑)。

馬体重は+6。減るかもしれないと不安だった身なので喜んだのは言うまでもなく(笑)。本馬場の入り口で止まることなく、2・3番目に走ってきました。ただ少し気になったのは目の周りというか下が黒くなってたこと。暑さバテかなあ?そうそう、ゲートの後ろ側の4番のところだけにヒモがあるのを発見(笑)。黒い布はかけられましたがいつものように脚をつっぱって嫌がることなくゲートイン。半歩くらい遅れましたがゲート出もスムーズ。よかった…!!!(感涙)。

多分トライアルだから前の方につけるのを試すのではないかと思っていたのですが、中団だったなぁ…先行を試すのかなと思ってたんですが(そこまではしないか。笑)。デジカメを構えて肉眼で向こう正面から見ていたら、スイープが凄い脚でまくってくるのを見て更に驚愕。そのまま差せー!!と思わず叫んでました(駄目)。一度はもしかして勝つのか!?と思いましたが、流石にそう甘くはなかったですね(笑)。「今回は怒ってるのか喜んでるのか落ち込んでるのかどれかなと思ったけど」とこりっちさんに言われましたが、正直ほっとしました。…好きな馬はトライアルを負けても落ち込んでいた頃に比べたら凄い成長です(笑)。心配を全部払拭して一度は先頭に立つ見せ場を作ってくれて、クビクビの3着で文句があるはずがありません…!!<それくらい不安のどん底にいた一週間だったんです(ただまぁあの1着がレクレドールだったからではという自己ツッコミは否定できなかったり…)しかも後でビデオみたらムチ入れてないんですね最後直線。1回だけ右目の横でムチを回した(見せムチ?)だけで、あとはずっと追ってるだけ。コレは次回は楽しみですよ…!!

しかし。

帰ってきて録画しておいたビデオを見ながら「レクレドールのスイープマークはすごいなぁ(笑)」「グローリアスデイズはヒシミラクルみたい…(向こう正面からおいっぱなし)」「スイープ最後はやっぱ休み明けの分だな〜というよりは今回そこまで無理させないように本気で追ってないのかな〜」と思っていたんですが。京都テレビで競馬中継を見ると最後にレース回顧をやるのですが、そのときに池添Jのコメントが聴けました。

『次に意識した。いつかはああいうレースをしないといけないので、無理には抑えないようにした。凄い脚を持っているので抜け出すのは速くって、抜け出したらやめてしまいました。でも次は思い切った競馬が出来るのでたのしみです』。

………バテたんじゃなくてヤメたのあれは!?煤i ̄□ ̄;;と再驚愕。ふらついてたように見えたから苦しくなったのかなと思ったんだけど…。

どうかゴールまで我慢してください(切実)(これこそ一難去って又一難)。…まぁでも本番前にわかってよかったですよね……!(前向き)
思い切った乗り方をするそうですが、どうするのかな。…秋華は大外を回って追い込みは厳しいような気がするのですがG1を取る力はあると(もう去年からずっと)思っているので!まずはこれから本番まで順調にいきますように!!そして秋華は運も向きますように…!!!(祈)
posted by toa | 日々徒然;'04 | 更新情報をチェックする

2004年08月29日

日々徒然;初めて応援幕を作りました

 
初作成・応援幕

 応援幕作成日記を読む
posted by toa | 日々徒然;'04 | 更新情報をチェックする

2004年05月23日

日々徒然;優駿牝馬(オークス)

……今年クラシックで応援してる3歳牝馬はスイープとエル(と抽選で落ちてしまったステゴ全妹レクレドール)と身内友達いたるところで宣言してきたのですが…!!!(感涙)。
この幸運絶対ありえない夢見たい!初府中遠征でまさか目の前で1・2着になるとこ見れるなんて…スイープさん惜敗で悔しいと叫ぶべきでしょうがスイマセン気持ちに嘘はつけません(笑)、


最高のオークスだ!!!


↑47年ぶり無敗の2冠馬を見に来た54.23%(単勝支持率)の人とはと全く逆の感想に違いない(笑)

とりあえずオークスをカラーで特集してたスポーツ新聞全部と競馬ブックとGallopを買いましたよ!でもオークスのパネルプレゼントを頼もうとしたらこりっちさんに止められました(笑)。…サラブレの付録ポスターはたぶん時期的にダービーだしなぁ…。ま、拡大コピーとかで対処します(笑)。ていうか応援幕つくろうっと(脈絡全くなし!)。とりあえずこれでエルのぬいぐるみは確実!!!(*≧▽≦*) ← 余談ですが、コレ、結局作ってくれなかった!(爆)

以下、前日メール@外環状線で宿に向かう途中のこりっちさんと私のメール(笑)。

メール送信時刻 2004/5/22 22:13
表題:スイープ―エル馬連決定(笑)
本文:90倍て!嬉しい!買うにきまってますよ!! (中略) ちなみに私はいまのところアラバスタワイド軸だったので…(笑)。6人気か。チッ。ワイドでダンスだとどれくらいですかね?

メール受信時刻 2004/5/22 22:17
表題:えっと〜
本文:ワイドで5.5−6.1やわ。イマイチやな。ワイドで行くならダンスは外した方がいいと思うけどなぁ。スイープとで28倍、エルとで35倍やもん。1着スイープ、2着エル、3着アラバスタなら凄いことになりそうやな(笑)。ダンス完全に飛ぶとは考えにくいけど。


ネ申(笑)。


東京競馬場には2時過ぎに到着。府中本町から行きました。関東在住のさくらさんやりんももさんに来られますかと訊いたところ来られないということで現地は一人だったんですが…よかったかもしれない私の恐ろしい狂乱っぷりを見られなくて(ほんとに)
まずアラバスタからのワイドオッズを確認、欲に負けて馬連に変更(嗚呼勿体無い…!OTZ)してから少し競馬場探索。パドックも見に行ってみて(多分ココにいたらレースは近くで見れないよなぁ、やっぱレースを間近で見たいかなせっかく来たし)と本馬場で待機することにしました。どうせならゴール前にしようとほんとにほぼ真正面に陣取りました前から3列目。
ええ、ええ正直なところ!「スイープかエルに勝てとまでは言わない。どちらかが3着以内…いや掲示板内にきたらいいなぁ。それがダメならアラバスタ来たらいいなぁ。……それもダメならせめてダンス飛ばないかなぁ(私恨)」と思っておりました(『せめて』の使い方間違ってます。笑)。
したらタイミングよく馬体重発表、客席大動揺。私も目が釘付けになりましたダンスインザムード+14。 これが成長分で圧勝したら諦めようとは思ったものの、「こ、これは…調教完璧とか絶賛されてたからあきらめてたけど、短期放牧とかいったらしいしもし太ってたとかだったらラスト伸びないかも!」と僅かに後光がさした気分(笑)
しかもアズマサンダース−10、ヤマニンシュクル−6に対してスイープトウショウ−2、ダイワエルシエーロ±0、ヤマニンアラバスタ+2、狙った馬は馬体重は一歩リードと一安心(いやスイープは桜で−14+2だったことを思えば良くないのかもしれないんですがどうなんだろ)。しかしこのほかにも−10の馬2頭くらいいたもんなぁ、この時期の牝馬ってほんとに難しそうですね…関西馬だと輸送もあるし(…スイープあの気性だから絶対馬体激減とかしてそうだと思ってたけど…してあの数値なのか輸送には文句ないのかどっちだろう)

さて、本馬場入場です。
予想通りというべきなのでしょうか、スイープは本馬場入りを(また)徹底的に徹底的に徹底的に嫌がるのなんの。アレ酷かったら除外とかになるんだなぁ。知らなかったよ、そんなとこもまた可愛い黒ハートとか見とれてる場合じゃないよ私。
18頭が走り去ってもまだ動こうとしないで後ろ向きに係員に押されてお尻から芝コースに入っていきました。逆方向だったんでよく見えなかったけど、本馬場入ってからはすーっと走っていったのかしら。…しかし彼女は何が嫌なんだろう…? ダンスの頭をぶんぶんさせるのは癖だと聞いていたので私は特に気にしていなかったのですが、いつもより酷かったらしいですね。
…実は東京10R池添J勝っていたので、「ええっ今じゃなくて次がよいんですけど…次が…!」と内心で動揺しつつそれでも目の前あたりで写真とっててラッキー黒ハートと思いました(笑)(いえだからファンなんです)。そして(確か)中京のメインで3枠5番ダンスと同じ勝負服の馬が勝って、「よしっ!コレでこっちは飛ぶぞ!(え?)」と妙なことを思ったりして、レース開始のファンファーレ。
…しかし手拍子あってなかったな…(笑)

ダンスがゲートインする映像が流れたときに1枠は既に閉じていたので「あ、ゲート素直に入ったんだ!」と一安心。
レースは前を通り過ぎた後はターフビジョンを凝視。「エルは先行してるな…あ、いた、あれ?スイープ結構中団ではない?ダンスに近いし…しかし思ってたより前なんだけど脚ためれてるのかな…どうか距離もちますように…」と祈りながらターフビジョンを見ていたらエルが途中で先頭に。ええ、焦りました(笑)。「嘘っ先頭!?カカってるようにも見えないけど…東京最後直線長いなら逃げたらつかまるんじゃ…………ああダメだこうなったらスイープが突っ込んでくるのを祈ろう…」と思いましたほんとスイマセン福永J私がバカでした。
いやもう、ラスト直線最初はターフビジョンを見ていて、ダンスが一瞬伸びたので「ああダメだ結局ダンスが来るのか」と一度は諦めたんですが、ダンスアップの後映像が引きになったら、そこからだって詰まらない。「……あっコレ逃げきれるかも!!」と思った瞬間に何かが切れました(俯)。

「エルそのまま逃げて逃げて逃げてお願いーーーーー!!!!!!」

えぇそりゃあもうおそろしい大絶叫ぶり。しかもターフビジョンに突如映ったもう一頭、ダンスをあっさりと外から抜きさってしまった凄い脚の馬が視界に入り、「誰!?…ってスイープじゃん!!!(認識時間推測コンマ01秒)と思った瞬間声量と錯乱度2倍増(微笑)。肉眼で馬を見た数秒間はすでに2頭の争いでしたのでもう限界。
いやー本気で何叫んでるかわかりませんでした狂喜乱舞でした飛んでました私。斜め前で負けず劣らず叫んでた人にさえうるさいって言われましたからねー(実話です。笑)。

いやだって1・2着…!1・2着ですよ?(桜では夢を見てましたがまさか樫で…どちらも距離が?といわれていたオークスで…!)好きな馬2頭が1・2着になるとこを目の前で…しかも後続3馬身離して…初府中競馬場遠征で夢レース…ああ…もうもうもうもう来てよかったよ…!!!
ええ、そんなわけで、レース直後からこりっちさんと(私は)異常なテンションで電話。肉眼で見たかんじもダンス抜いたかなと思ってはいましたが掲示板でアラバスタが3着と出たあたりでもはや現実感もなくなり此処は何処コレは何?状態です(実話)。「ほらほらほらほらアラバスタ!3着アラバスタですよ!凄い今日私凄いありえない!(笑)…あ、いえ馬連に変えましたオッズに負けて(笑)」みたいな。こりっちさんも+14とパドックの異常テンションにダンスをやめて(アズマもシュクルもやめて)軸をエルに変えたそうで、当然スイープとの馬券ゲット。ちなみにメールが来てましたが父(枠連派)もダンス外して(「一瞬武かな?と諦めたけど」と父も書いていた)枠で取って、周囲の微妙〜〜〜なテンションを尻目に大勝利。


最高です(笑)。


しかしまぁ、「1枠1番はバドと一緒(樫2着)、7枠13番はレディパステル(樫1着)と一緒!縁起いいもんね!!」と自分を慰めてたらほんとに13→1で決まりましたよ…ネ申。ネ申が降りたよ府中に!(笑)


数十回ビデオを見ましたけどダンスもかかってるようには見えないし(つーかスイープの方がゲートでたとこで少し口割ってたくらいだ)、いい位置から思い通りの競馬をして別に前も塞がらず邪魔もされず馬なりで来て最後バテていたそうですので、原因が馬体重+14なのか距離なのか馬場なのか異常なテンションかは存じませんが、この馬は化け物ではなさそうですね?負けるときは負けてくれるんですね?
ああよかったこれで秋もまだ諦めずにすむ…(いえ、器用で強い馬ということに代わりはないので強力なライバルに代わりはないのですが、それでも3歳時のファインみたいな化け物が相手と思うよりは気が楽ですよ!)

これからスイープもエルも放牧に出て秋ですね!とにかく、距離持ったのがほんと嬉しい!特にスイープはもし今回大敗したら秋華賞もまた距離持つかとハラハラしそうだったもんなぁ…。今回馬なりであの位置にいたということは、ずっと追い込みだったのはゲートが下手だからで、もしかしたら中団くらいからでもあの脚出せるのでは?今回みたいに。秋華は京都小回りだから前に行けるほうが有利かなぁ?(…ダンス有利。エルは巧く立ち回れるだろうけど)と思ったのでエリ女の方が期待多めなんですけど、案外なんとかなるかな?神様仏様池添様お願いします(笑)。スイープさんまた成長してくれますように…。楽しみです!ほんと楽しみです!!よかった〜〜〜vvvv秋こそ気性が少し改善して調教も思い通りにできてたらいいな(笑)。調教が他の馬の半分しかできない(鶴留先生談)のに今これだけ走ってるんならまともにできたら一体どれだけ…!G1だって夢じゃないよきっと!!!
posted by toa | 日々徒然;'04 | 更新情報をチェックする

2004年04月11日

日々徒然;桜花賞

2週間前くらいから楽しみで楽しみで楽しみで楽しみで(笑)、スポ紙のHPや雑誌でスイープ(やエル)の記事を読んではうきうきしてました(笑)。ちょうど桜花賞の週の月曜に池添Jが結婚なさったので「よしっこれは寿勝利だろう!」とか言ってたんですがダンシングキィ弔勝利になったよしくしくしくしくしくしく。…枠を見たとき(ん?この枠って阪神JFと同じ枠では…)とちらりと思ったのは悪い予感というやつだったんですかね着順まで同じになろうとは(涙)。

阪神競馬場へは朝7時くらいに到着。ちなみに起きれないだろうと踏んで徹夜(笑)。開園8時。メインレース15時45分。…何をやってるんでしょうか私…(笑)。
女性は入場料100円でした黒ハート 先着200名様にどうぞというお茶と和菓子を戴いて、朝ごはんを食べて、頼まれた馬券を買って、桜の木の陰にレジャーシートをひいて午前中はだらだらごろごろ花見。あったかくて幸せでした…ハートたち(複数ハート) しかもその場所が昼休みにちょっとしたイベントがあった場所の真横で、帰っていく芸能人さんとか超近くで見れましたぴかぴか(新しい)
昼の2時すぎまで馬券を悩み続け、結局「負けて一番悔いのないように」とスイープとエル1点で馬連ワイドを買ったんですが1週間前から「決まらなかったらスイープとエルの2頭!」予言してて結局そのとおりに買うんだったら私の悩み続けた1週間は一体なんだったんだろうかと思わなくもなorz。
パドックでしばらくスイープとエルを見てから(つーか2頭か)(笑)本馬場前に移動。多分エルも、少なくともスイープは外を回してくるだろう…と踏んでこりっちさんにも「(ダンス撮った後は)スイープとエル写真狙ってくださいね!!」とお願いして私は4角へ。しかし4角ってファンファーレとかほとんど聞こえないんですよね。
ターフビジョンを見ているとやっぱりゲート入りを嫌がるスイープ(爆)。ああやっぱり嫌がってるよ…って目隠し早ッ!
というわけで無事、全員入ってレーススタート。
せっかく現地で見てるんだからと向こう正面あたりからターフビジョンじゃなくて肉眼で見てまして、やがてコーナーから走ってくる馬群。構えるデジカメ。

…。
……。
………あれ?


「…………スイープはどこ!!!煤i ̄□ ̄;;;」


どこにいたのかわからないまま馬群はゴールへ走り去り続いて掲示板点灯、勝ったのはダンスインザムード。2馬身つけてレコード。(ちなみに2着アズマサンダースは朝からずっと私も言ってたので特に不満なし・笑)、3着シュクル。4着ムーヴ。5着にスイープ。

「………………。」


我ながらテンション超低。


こりっちさんはダンスインザダークのファンだったそうで当然ムードも応援しておられるし、師は私みたいに応援馬(ヒートとムーヴだった)に入れ込むことはしないので冷静で、私一人やり場のない不満炸裂(憤怒)。
家帰ってビデオを見てスイープはまぁ納得。…やっぱり馬群捌けなかったんだ…前にさりげなく馬がいて進路なくてウロウロしるし…。しかもまたシュクルですか?(笑顔)
………スイープに樫って距離どうなんだろう…なのにダンスは距離持つに決まってるしなぁ…また三冠とかとっちゃうのかなぁ…orz。
っていうか、エルはどうしたの!!←7着



エルシエーロは桜→マイルC→オークスというプランもあったし、クイーンCを見て東京向きかなぁと思っていたので(出れば)マイルCかオークス楽しみだなと思っていたのですが、逆にスイープは血統から桜だろうと言われてたし桜はスイープ:エルが7:3くらいの応援比だったので(笑)(樫は逆にするつもりだった)それはもう2・3日どんより落ち込んでました。

しかし。

翌日以降繰り広げられたダンスの凄まじい誉めちられぶりに見事に怒りがリミットブレイク(にっこり)。
「…おのれ…馬がもし別格の化け物だったとしても、だからって全員が応援すると思うなよ!私はタキオン・クロフネ世代で彼らじゃなくてジャンポケにハマった性格なんだからな(笑)!!みんながダンスと言うなら私は絶対引退までスイープを追いかけてやる…!!!」と逆ギレ(実話)。
えー、昔から王道から一歩はずれる性格みたいですね私。
今思えば、この頃は競走馬の応援サイトってもうあまり作る方が少なくなってたのかもしれませんが(タキオン・ジャンポケ・クロフネは結構あったんですよ)、どれだけネットで探してもスイープの応援サイトが見つからなかったので、「…ええええええいそれなら自分で作ってやる…!」と、とうとう応援サイトを作り始めました(笑)。
posted by toa | 日々徒然;'04 | 更新情報をチェックする

2004年03月06日

日々徒然;チューリップ賞

「多頭数で追い込み馬は厳しいからね、スイープ案外取りのがすかもよ」と師から事前に忠告(負けたときの私のショック緩和のための事前フォローとも言います)を受けていましたので、馬体重マイナス14キロ、ゲートの凄まじい嫌がりっぷり&出遅れで差し切って勝ったときのテンションの高さはほんとーに凄まじかった。
ゴール前の「届けーーー!!!」という絶叫も凄まじかった。
メールのテンションも高かったらしいです(笑)。

こそりと非常に複雑だった鞍上変更も、「渡辺先生や角田さんとかに色々訊いて乗りました」という池添Jの勝利騎手インタビューを聞いてすっぱりと解消(単純ですか。…そうなんです)。デュランダルに乗ってるから追い込みでも大丈夫だろうし、ホントによろしくお願いいたします(土下座)、みたいな。
ええあの、単純なんです私、はい(笑)。
posted by toa | 日々徒然;'04 | 更新情報をチェックする

2004年01月18日

日々徒然;紅梅S

昼休みにデジタルの引退式があった日経新春杯の日(用があって行けなかったのでビデオでみました)。

ま、結果は当然ですよね!(笑)

個人的には、このレースでエルシエーロを好きになってたおかげでオークスの万馬券が取れた(笑)という意味でも大好きなレースです(笑)。ダイワエルシエーロの新馬戦は有馬の日でしたがそのときはそこまでチェックしてなかったんですけども、コレで惚れました(2頭目)。
正確には(笑)、「ほーらやっぱりスイープって不利がなかったら強いじゃないか!これ最後直線まで持ったままだよね?桁違いだって絶対。よしっコレで桜にも望みが出てきたよ、スティルが勝ってるなら縁起がいいなぁ黒ハート……しかしスイープにここまで食い下がるなんてこのコ誰だろう…コレ2戦目?やるなぁ…つーか顔可愛いなぁこの子…(笑)じゃあ今年の牝馬クラシックはこの2頭応援しようかな、紅梅S組で(早ッ)」と即決。

や、いいですよね好きな馬がいると競馬の楽しさ2倍増で(笑)
posted by toa | 日々徒然;'04 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。